2019年01月17日

有機栽培と農薬

有機栽培だから農薬は使っていないでしょう?という質問を時々、お客様からいただくことがあります。今日は、その問いにお答えしたいと思います。

実は、有機栽培では農薬を使います。
農薬を使っていないと思っていたのにだまされた!と思うかもしれませんが、これについてはもうすこし、説明をさせてください。

農薬、と一言で言っても、有機栽培で使用を許可されている農薬の種類は限定されています。人体への影響はもちろん、畑の周りで生きる様々な生き物の生態系や土壌や水質のことまで、配慮した農薬のみ許可されていて、使用量も厳しく制限されています。

たとえば、今シーズンから栽培をはじめた茄子のハウスでは最近「サンクリスタル乳剤」という農薬を使用しました。アブラムシやウドンコ病の防除に使用される薬剤です。

190108nasu03.jpg
アブラムシの出す分泌液で、葉や実がベタベタします。今のところまだ影響は少ないのですが、傷や成長不良の原因になります。

190108nasu02.jpg
葉っぱの裏にもアブラムシが付着しています。彼らは、茄子から栄養を吸いとって生きています。小さい吸血鬼たち。。

190108nasu04.jpg
作物に勢いがあると、多少の虫には負けませんが、アブラムシが増えすぎると、写真のように弱ってしおれてしまいます。

この農薬の主成分は「脂肪酸グリセリド」です。耳慣れない成分で不安に思われるかもしれませんが、この成分自体に毒性はなく、植物油が原料です。アブラムシなどに直接散布して、体表に油膜をつくり、気孔をふさぐことで窒息死させるというものです。生物濃縮(https://ja.wikipedia.org/wiki/生物濃縮)によって、環境に負荷をかける可能性もありません。

毒性がある成分でも、濃度を守れば人体への影響はない。という理論も事実ですが、一定の条件を外せば、これも非常にあいまいなものです。微量であっても、個体ごとの蓄積や他の成分との組み合わせ次第では、どんな影響が出るかわからないというのが現実です。作物や、環境への影響はもちろんですが、散布するスタッフへの負担も心配です。

散布すれば、アブラムシを駆逐できる薬は存在していて、それを使えば綺麗な作物を収穫することができます。出荷前に、茄子の実を拭いたり、選別したりする手間も軽減できます。それでも使い続けた先にある問題、食べる人の健康はもちろん、日々耕している土地に住む生き物たち、その生き物の中に含まれる私たち自身のことを考えるならば、それを利用しない、それ以外の対策を考える、というのが、私たちの選んだ方法です。

病害虫は、作物の力が弱っている時に多く発生します。私たちも、病気になったら薬を飲むことがありますが、その前に、少しのウィルスは跳ね返すような元気な体と、免疫力を保つために食事や運動、生活環境などを整えています。

茄子は、今シーズンから栽培に着手したばかりで経験の蓄積が少ない作物です。他の土地でうまくいっている方法をまるごと取り入れても、ここでうまくいくとは限らないのが、生き物相手の仕事の難しく、また面白いところだと思います。

どんな食事(肥料)を気に入ってくれるのか、量と樹勢のバランスはどうか。日照や温度、湿度など最適な生育環境を探ることも、日々実践、驚きと発見の連続です。
【関連する記事】
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 00:00| Comment(0) | 有機なす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月09日

ミニトマトの収穫がはじまりました。

トマトといえば真夏のイメージですが、ハウス栽培のトマトはこれから収穫がはじまり、今収穫がはじまった株は、3月頃までが収穫期となります。ハウスごとに定植時期をずらして栽培しているので、これから夏までリレー形式で収穫が続きます。外は凍える寒さですが、トマトのハウスはぽっかぽかです。(事務所よりもあたたかい!!)
100416tomato02.jpg
気温が低いと、色づきが遅くなるのですが、ようやく色づいてきました。収穫はじめは量もすくなめですが、これから徐々に増えていきます。

190107tomato01.jpg
この画像でスタッフがやっているのは、収穫の合間の大切な作業、「下葉かき」です。
葉っぱが込み合うと、風通しや日当たりが悪くなり、実の色づきが悪くなったり、病気にかかったりすることがあるので、収穫した枝の下葉はこまめに取り去ることが大切です。

190107tomato04.jpg
このように。着果している枝の周りには葉っぱがありません。枝の茶色くなっている部分が、下葉を取り去ったあとです。
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 00:00| 有機ミニトマト/tomato | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

あけましておめでとうございます。

2019年明けました。
新年最初のブログは、ひとまず定点観測から。
190107nirouno.jpg
平成31年1月7日月曜日、朝9時の韮生野の様子です。
ひんやりした空気が伝わりますでしょうか。あの峰に雪が乗っかる日も間近。。

190107hotokenoza.jpg
畑の片隅の草花も氷の縁取りで飾られます。さ・む・い。

190107shimo.jpg
とってもキレイなのですけれど。

こんな日は、ハウスの中で作業したいところ。夏の灼熱の記憶も遠く、この季節のハウス内はポカポカ天国です。
190107tomato03.jpg
こちらはミニトマトのハウス内。外との気温差と湿度でレンズも曇りがちですが。

190107tomato02.jpg
この筒状のビニールは簡素な装置ですが、ハウス全体に暖気を行き渡らせる優れもの。
ご覧のように、ところどころに穴が開いていて、暖房機から離れた場所までくまなくあたためます。
場所による気温差を減らし、燃料代も節約する工夫です。

ハウスに来ると、家の空調、特に外気の遮り方や、暖房効率の上げ方など、参考になることが色々あります。
まずはカーテンを二重にするか、窓に何か貼ろうと思う今日この頃。(木造のアンティーク住宅のため隙間風がひどいです)
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 09:51| Comment(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月27日

菜ばなを使った蒸し野菜サラダ

今月から菜ばなの収穫がはじまっています。
師走を迎え、草木も枯れて色が少ない冬の山里ですが、先日、一年で一番日照時間が短い「冬至」を過ぎました。季節は折り返して、少しずつお日様の出ている時間が増えて行くというこの時期、まだまだ下がりそうな気温とは裏腹に、植物たちは春の準備をはじめています。

菜ばなの畑はまだ緑色ですが、株元には花の蕾がたくさんついています。これをそのままにしておくと、あっと言う間に花盛りになってしまいますが、蕾のうちに摘み取っていると、次々と花芽がついて、1月の下旬まで収穫が続きます。収穫が終わると、鮮やかな黄色一色になってそれも美しいのですが。
181223nabana.jpg

菜ばなは、おひたしや油炒めで食べることが多いかもしれませんが、目先を変えて、蒸し野菜のサラダを作ってみました。
寒い日もお野菜をモリモリ食べたい時におすすめです。
作るのも簡単で、洗い物も少なくて済みます。蒸篭(せいろ)があれば、蒸したてをそのまま食卓に出してもいいですね。

mushiyasai.jpg

菜ばなの他に、にんじん、カブ、ジャガイモ、サツマイモ、かぼちゃなど、好みの野菜やあらびきソーセージや豚肉を一緒に蒸したり、ゆで卵を添えて、バケットなどと一緒にいただくと、これだけで一食にしてもいいかも。ダイエットにもオススメです。
ゴマだれやマヨネーズ、塩とオリーブオイルなどを付けていただきます。
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 12:54| Comment(0) | 有機な花/field masterd | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

茄子はじめました。

大地と自然の恵みでは、色々な種類の作物を育てていますが、この秋から新たにナスの栽培をはじめました。ナスはトマトやジャガイモと同じ仲間なのですが、葉っぱのカタチを見ると、あまり似ていません。花は似ているかな?他にも、ピーマン、とうがらし、ほおずき、タバコなんかもナスの仲間なんですよ。

181217nasu06.jpg
スタッフと比較してみてください。結構大きいです。

181217nasu08.jpg
これがナスの花。

ナスの花が咲いて、枯れた花の下に、小さな実がついていますが、この花をつけたままにしておくと
花殻にカビが生えて、実にも移ることがあるので、終わった花は、見つけ次第摘み取ります。

181217nasu01.jpg
収穫しながら、見つけた花殻を丁寧に摘み取ります。

181217nasu07.jpg
綺麗なナスを育てるには、丁寧なお世話が欠かせません。

181217nasu03.jpg
紫色が美しい!ハリがあってみずみずしい宝石のようなおナス。
もちろん美味しいのです。

posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 12:00| Comment(0) | 有機なす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

菜花の収穫がはじまりました。

いよいよ菜花の収穫がはじまりました。

20181210nabana01.jpg
寒空にも元気な菜花の株。
181210nabana03.jpg
このぎゅっとした花芽をひとつひとつ丁寧に摘み取ります。

菜花は中心の花芽を切り取っても、次々と横から新しい花芽が出てくるので、ブロッコリーやカリフラワーなどの花野菜とくらべると、長く収穫できます。ほろ苦さと甘さが絶妙で、栄養価と食味の両面で優秀なおすすめの冬野菜です。

181210nabana02.jpg
中心を収穫すると脇からどんどん花芽が伸びてきます。

一番簡単な食べ方は茹でるだけのお浸し。茹ですぎると、すぐクタクタになるので、さっとお湯にくぐらせる程度でOK。
鰹節やポン酢をかけていただきます。
さらに油との相性も良いので、炒めものや揚げ物にも。菜花に豊富に含まれるベータカロテンは油と一緒に摂取すると吸収率がアップします。
20180213nabana.jpg
加熱するとかさが減りますので、ぺろりと食べられます。冬場の栄養補給にオススメ!
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 10:27| Comment(0) | 有機な花/field masterd | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

畑の冬支度

本日の定点チェック。
南国土佐では冬でも晴れた日が多いのですが、今日は雲が低く、いかにもの冬空です。
IMG_0749[1].jpg
大地と自然の恵みでは、ハウス栽培と路地栽培の両方で野菜を作っていますが、本格的に寒くなる前は、それぞれの畑で冬支度がいそがしくなります。

20181210negi02.jpg

上の画像が、現在のネギ畑の様子です。株元は黒いマルチフィルムで覆い、アーチの上から寒冷紗をかけておきます。
こうすることで、霜によるねぎの先端の変色を防げるのだだとか。手前が寒冷紗をかける前の状態。

ねぎは気温が低くなると、甘さが増しておいしくなるのですが、先が茶色く変色していると、販売できなくなってしまいますので、霜よけには気を使っています。

もうすぐ年末、お鍋や年越しそばなどにも青ねぎは欠かせません。是非ご準備ください。


posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 10:40| Comment(0) | 有機青ねぎ/long green onion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

菜花の成長記録 その2

10月のはじめに植え付けてから、もうすぐ二ヶ月になります。
181007nabana06.jpg
こちらが2カ月前の植え付けの様子。まだ弱々しく、ひょろっとしています。

今年は暖かくて成長も早く、株元にはすでに小さな花芽が出はじめました。
181126nabana03.jpg
二ヶ月でこんなにわさわさ。
181126nabana04.jpg
株元をのぞき込むと、ぎゅっとした小さな花芽が!
181126nabana01.jpg
既に咲いてしまった気の早いやつもいます。。出荷は今週末から!初物をお楽しみに。
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 11:17| Comment(0) | 有機な花/field masterd | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミニトマト成長記録

12月に入りました。外は雨です。今月収穫が始まる野菜にミニトマトと菜花があります。

ミニトマトはハウス栽培です。今年のトマトは先日こちらでも紹介した新しいハウスで栽培しています。既に植え付け済のハウスでは、既に青い実がたくさん実っていました。こちらは12月中旬から収穫がはじまります。
181126tomato06.jpg
今は綺麗なヒスイのような緑色です。これがだんだんと赤くなります。

隣のハウスでは苗を新しく植え付けています。マルチに穴をあけて、苗を植え付け、天井にはりめぐらされているステンレスのワイヤーに紐をかけてつり下げます。
181126tomato07.jpg
ひと畝で何十株ものトマトを支えるために、こんなにしっかりしたステンレスのワイヤーを2列でつかいます。
これに紐をかけて、トマトを釣り上げています。

ミニトマトの株は思ったより大きくなるので、野菜、というよりも小さめの木のようです。全体の重さを支えるとなると、つり下げている場所に負荷がかかって、株が傷みますが、トマト農家では、紐を直接結び付けるのではなく、洗濯バサミのような専用クリップで茎の部分をつかみ、これを大きくなるにしたがって増やしたり、移動したりすることで負荷を軽減しています。
181126tomato05.jpg
成長にしたがってこまめに動かせるので、トマトの株への負担が少なくなるのですね。

181126tomato04.jpg
一株ひとかぶ、丁寧に紐を取り付けていきます。ハウスが広いので、これもなかなか時間がかかる作業。

家庭菜園では、支柱を立ててそれに括り付けたりしていますが、それに比べるとかなり合理的。ミニトマトの皆さんも快適そうです。農薬や化学肥料に頼らないためには、まず植物として元気であることが大前提ですが、生育環境を整えることにもいろいろな工夫があるのですね。




posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 09:07| Comment(0) | 有機ミニトマト/tomato | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

芍薬の収穫 生薬も作っています。

大地と自然の恵みでは、主に野菜、それも薬味系の野菜を色々作っていますが、実は数年前から芍薬の栽培にも取り組んでいます。
高知県立牧野植物園が薬用植物の研究と栽培普及のために県内各所で試験的に栽培しているのですが、その取り組みの中で香北町の畑を当社が担当しています。

大地と自然の恵みで多く作っている生姜も生薬として使用されますが、芍薬もまた、古来からさまざまな効果が認められ、広く利用されてきた生薬です。「立てば芍薬、座れば牡丹」ということわざも示すように、花はとても美しいのですが、薬用で使用される場合、花を咲かせると株が弱るため、早めに摘み取ってしまいます。植え付けから3〜5年を経て、ようやく根茎を掘り出し、これを乾燥させて生薬とします。

寒くなって葉っぱが枯れたところで、地上部を取り去り、根茎を掘ります。
181126syakuyaku06.jpg
こうなっていると、一体全体何の畑かわからないですね。

掘り起こしにはトラクターも使用しますが、畑のぐるりは人間が掘ってからでないと、貴重な根茎をトラクタ―が踏みつぶしてしまいますので、みんなで協力して掘り起こします。
181126syakuyaku05.jpg
が、こちらの畑の土は元々は田んぼだったためか、土が粘土質でなかなかの重労働。

181126syakuyaku01.jpg
一株に二人がかりでようやく掘り起こしました。

181126syakuyaku03.jpg
3年でこのぐらいの株。この根の部分が生薬になります。

芍薬の成分は、鎮痛、鎮痙作用があり、冷え性や風邪の症状の緩和、生理不順などに効果ありとのこと。
よく耳にする、「芍薬甘草湯」の他、色々な漢方薬に配合されています。

現在は、中国などからの輸入が多いとのことですが、いずれは「国産・有機」の生薬が手に入るようになるのかも。
栽培地、栽培方法、土壌成分による、生薬の成分の差や株の生育程度など、検証はこれから、とのことですがとても楽しみです。
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 12:04| Comment(0) | 芍薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする