2018年01月29日

あったかいしょうがココア

1年のうち、一番寒いのは2月
というイメージですが、この1週間というものの
ここ南国土佐でも、バケツの水が凍り、
慣れない冷え込みにあちこちで水道管が破裂して
水道屋さんが走り回っています。
皆さんがお住まいの地域はいかがですか?

私は子供のころから毎年のようにしもやけになります。
足の指が真っ赤になってパンパンに腫れてかゆい!
これは寒さによる冷えの他に、血行の悪い体質だから
というご指摘もあります。。

予防には靴下の重ね履きや適度な運動の他に
内側から温める食べ物選びも重要。

ショウガは体をあたためる食べ物としてすっかり有名ですが
生よりも乾燥したショウガの方が、あたため効果が高いのです。
体をあたためる生薬としても古くから用いられてきました。

syougapowder.jpg
10gって少ないようですが、有機乾燥生姜は、生姜の風味がしっかりしているので、少量でもピリリと辛い。一人なら、ワンシーズンこれ一袋で充分かもしれません。(入れすぎると辛いので注意!)

ところで、いくら体に良いと言われても美味しくなくては続かないですよね。。
ということで、
ここでは、とびきりおいしくできるレシピをご案内します。
甘さは控えめで、生姜の他にシナモンも効かせて大人っぽく。
塩をひとつまみ入れると美味しくなるのでおススメです。

cocoa.jpg

たかがココアといえども、丁寧に作れば
「スイーツ」と呼んじゃっていいかもしれません。
しかも体にいいなんておとくすぎますね。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
おいしいショウガココアの作り方

材料
・ココア小さじ2はい
・きび砂糖や黒砂糖 小さじ1〜2杯(好みで調整)
・しお ひとつまみ
・有機生姜粉末 少々
・有機シナモン粉末 少々
・お湯大さじ2はい

・牛乳150cc

1.小さめの片手鍋に牛乳以外の材料を入れてダマがなくなるまでよく混ぜます。
2.牛乳を入れてよく混ぜ合わせ、火にかけて、沸騰寸前まであたためます。(煮立てない)
  お好みでマシュマロやシナモンパウダーをトッピング。
   牛乳を豆乳やアーモンドミルクに代えても美味しいです!
   色々なアレンジのアイデアもお待ちしています。
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 08:54| Comment(0) | 有機しょうが/ginger | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

平成29年度 多面的機能発揮促進事業 環境保全型農業「中国四国農政局長賞 最優秀賞」を受賞しました。

昨年末、受賞のお知らせを頂き、
1月12日に、当社の代表が岡山での授賞式に参加しました。

2018hyousyou02.JPG

201801hyouysyou03.JPG
写真中央が当社代表 小田々智徳

農業の場合、単に利益を追求する経済的側面のほかに
地域の風土、環境を保全する役割も担っています。
田畑のある里山の風景はしかし、年々確実に減っていて
地方では特に、放置耕作地の増加が問題にもなっています。

国は、このような状態を改善するために、平成26年に
耕作地や水路、周辺環境の整備にかかる費用を補助する法制度を整備しました。

いくつか項目があるこの「多面的機能発揮促進事業」の中で
今回、受賞したのは
「環境保全型農業直接支払」という項目で
農地とその周辺の保全のほかに、環境や社会に配慮した事業に対して贈られるものです。

有機農業への取り組みのほか、排水の処理方法や、海外からの農業研修生の受け入れなど
複数の取り組みが評価されての受賞となりました。

古くから商売上手として知られる近江商人を象徴する言葉として
「三方よし」があります。

この「三方」
とは
1.売り手よし
2.買い手よし
そして
3.世間よし

の三方向を指していて、上の二つはあたりまえのようですが
三つ目が難しい。

我々がこの土地にいて、仕事を続けることが
この土地に住むほかの人々にとっても
よい環境や循環をもたらすように

大昔の商売人たちの言葉ですが
これはどんな生業にもあてはまることだと思います。
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 09:44| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

有機な花の出荷がはじまりました。

南国高知、といっても少し内陸にあたる
ここ香北町、今朝は氷点下まで気温が下がりました。
水道管も凍りますので、昨晩は凍結防止に
水を少し出して眠りました。

そこここで凍り付いた畑の水たまりを見ると
春は遠いように感じますが
そんな中でも、春を先取りしているのが
有機な花です。

例年12月には出荷がはじまる有機な花ですが
今年は天候の影響で出荷が遅れていました。
まだかまだかとお問い合わせもいただいていましたが
ようやく、
ようやく、
少しずつですが出荷がはじまっています。

昨年の台風から、急な低温と乾燥で
緑のお野菜は不足していますので
さっそく、全国からご注文をいただいています。

あっさりしているのに、ピリッとした辛みがクセになる有機な花
黄色い花が少しほころんでいる様子は
食卓に一足早い春をお届けします。
提供できる時期が短いので
逃さずご賞味ください。

20180108nabana.jpg
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 09:11| 有機な花/field masterd | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする