2019年01月17日

有機栽培と農薬

有機栽培だから農薬は使っていないでしょう?という質問を時々、お客様からいただくことがあります。今日は、その問いにお答えしたいと思います。

実は、有機栽培では農薬を使います。
農薬を使っていないと思っていたのにだまされた!と思うかもしれませんが、これについてはもうすこし、説明をさせてください。

農薬、と一言で言っても、有機栽培で使用を許可されている農薬の種類は限定されています。人体への影響はもちろん、畑の周りで生きる様々な生き物の生態系や土壌や水質のことまで、配慮した農薬のみ許可されていて、使用量も厳しく制限されています。

たとえば、今シーズンから栽培をはじめた茄子のハウスでは最近「サンクリスタル乳剤」という農薬を使用しました。アブラムシやウドンコ病の防除に使用される薬剤です。

190108nasu03.jpg
アブラムシの出す分泌液で、葉や実がベタベタします。今のところまだ影響は少ないのですが、傷や成長不良の原因になります。

190108nasu02.jpg
葉っぱの裏にもアブラムシが付着しています。彼らは、茄子から栄養を吸いとって生きています。小さい吸血鬼たち。。

190108nasu04.jpg
作物に勢いがあると、多少の虫には負けませんが、アブラムシが増えすぎると、写真のように弱ってしおれてしまいます。

この農薬の主成分は「脂肪酸グリセリド」です。耳慣れない成分で不安に思われるかもしれませんが、この成分自体に毒性はなく、植物油が原料です。アブラムシなどに直接散布して、体表に油膜をつくり、気孔をふさぐことで窒息死させるというものです。生物濃縮(https://ja.wikipedia.org/wiki/生物濃縮)によって、環境に負荷をかける可能性もありません。

毒性がある成分でも、濃度を守れば人体への影響はない。という理論も事実ですが、一定の条件を外せば、これも非常にあいまいなものです。微量であっても、個体ごとの蓄積や他の成分との組み合わせ次第では、どんな影響が出るかわからないというのが現実です。作物や、環境への影響はもちろんですが、散布するスタッフへの負担も心配です。

散布すれば、アブラムシを駆逐できる薬は存在していて、それを使えば綺麗な作物を収穫することができます。出荷前に、茄子の実を拭いたり、選別したりする手間も軽減できます。それでも使い続けた先にある問題、食べる人の健康はもちろん、日々耕している土地に住む生き物たち、その生き物の中に含まれる私たち自身のことを考えるならば、それを利用しない、それ以外の対策を考える、というのが、私たちの選んだ方法です。

病害虫は、作物の力が弱っている時に多く発生します。私たちも、病気になったら薬を飲むことがありますが、その前に、少しのウィルスは跳ね返すような元気な体と、免疫力を保つために食事や運動、生活環境などを整えています。

茄子は、今シーズンから栽培に着手したばかりで経験の蓄積が少ない作物です。他の土地でうまくいっている方法をまるごと取り入れても、ここでうまくいくとは限らないのが、生き物相手の仕事の難しく、また面白いところだと思います。

どんな食事(肥料)を気に入ってくれるのか、量と樹勢のバランスはどうか。日照や温度、湿度など最適な生育環境を探ることも、日々実践、驚きと発見の連続です。
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 00:00| Comment(0) | 有機なす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月09日

ミニトマトの収穫がはじまりました。

トマトといえば真夏のイメージですが、ハウス栽培のトマトはこれから収穫がはじまり、今収穫がはじまった株は、3月頃までが収穫期となります。ハウスごとに定植時期をずらして栽培しているので、これから夏までリレー形式で収穫が続きます。外は凍える寒さですが、トマトのハウスはぽっかぽかです。(事務所よりもあたたかい!!)
100416tomato02.jpg
気温が低いと、色づきが遅くなるのですが、ようやく色づいてきました。収穫はじめは量もすくなめですが、これから徐々に増えていきます。

190107tomato01.jpg
この画像でスタッフがやっているのは、収穫の合間の大切な作業、「下葉かき」です。
葉っぱが込み合うと、風通しや日当たりが悪くなり、実の色づきが悪くなったり、病気にかかったりすることがあるので、収穫した枝の下葉はこまめに取り去ることが大切です。

190107tomato04.jpg
このように。着果している枝の周りには葉っぱがありません。枝の茶色くなっている部分が、下葉を取り去ったあとです。
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 00:00| 有機ミニトマト/tomato | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

あけましておめでとうございます。

2019年明けました。
新年最初のブログは、ひとまず定点観測から。
190107nirouno.jpg
平成31年1月7日月曜日、朝9時の韮生野の様子です。
ひんやりした空気が伝わりますでしょうか。あの峰に雪が乗っかる日も間近。。

190107hotokenoza.jpg
畑の片隅の草花も氷の縁取りで飾られます。さ・む・い。

190107shimo.jpg
とってもキレイなのですけれど。

こんな日は、ハウスの中で作業したいところ。夏の灼熱の記憶も遠く、この季節のハウス内はポカポカ天国です。
190107tomato03.jpg
こちらはミニトマトのハウス内。外との気温差と湿度でレンズも曇りがちですが。

190107tomato02.jpg
この筒状のビニールは簡素な装置ですが、ハウス全体に暖気を行き渡らせる優れもの。
ご覧のように、ところどころに穴が開いていて、暖房機から離れた場所までくまなくあたためます。
場所による気温差を減らし、燃料代も節約する工夫です。

ハウスに来ると、家の空調、特に外気の遮り方や、暖房効率の上げ方など、参考になることが色々あります。
まずはカーテンを二重にするか、窓に何か貼ろうと思う今日この頃。(木造のアンティーク住宅のため隙間風がひどいです)
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 09:51| Comment(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする