2019年01月09日

ミニトマトの収穫がはじまりました。

トマトといえば真夏のイメージですが、ハウス栽培のトマトはこれから収穫がはじまり、今収穫がはじまった株は、3月頃までが収穫期となります。ハウスごとに定植時期をずらして栽培しているので、これから夏までリレー形式で収穫が続きます。外は凍える寒さですが、トマトのハウスはぽっかぽかです。(事務所よりもあたたかい!!)
100416tomato02.jpg
気温が低いと、色づきが遅くなるのですが、ようやく色づいてきました。収穫はじめは量もすくなめですが、これから徐々に増えていきます。

190107tomato01.jpg
この画像でスタッフがやっているのは、収穫の合間の大切な作業、「下葉かき」です。
葉っぱが込み合うと、風通しや日当たりが悪くなり、実の色づきが悪くなったり、病気にかかったりすることがあるので、収穫した枝の下葉はこまめに取り去ることが大切です。

190107tomato04.jpg
このように。着果している枝の周りには葉っぱがありません。枝の茶色くなっている部分が、下葉を取り去ったあとです。
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 00:00| 有機ミニトマト/tomato | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする