2015年03月14日

有機ミニトマトのハウスへ

高知県香美市香北町韮生野(かみしかほくちょうにろうの)は、お昼間が近づくと
お日様がぽかぽか暖かくなってきました。

12月に定植した有機ミニトマト、下の方から順々に赤く色づいています。

03-14-01.JPG

お兄さんたちは朝から有機ミニトマトのお世話をしています。
眩しくてきれいな赤色、ハウスの中は、甘酸っぱくてさわやかな香りが漂っています。

2015-03-05-01.JPG


posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 09:29| Comment(2) | 有機ミニトマト/tomato | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
家庭菜園で、ミニトマトを作っていますが、一カ月前から、トマト葉が、短く縮んで丸まってきましたが、果房から芯にいくまでの間です。それと、赤いトマトの小さい身が全体にしぼんできました。

なぜでしょうか?
夜の温度が、足りなく寒さのせいかなとも思いますが、教えて下さい。

ちなみに、丸い、ストーブをたいています。
Posted by キタオカ ヨシコ at 2016年01月07日 09:58
キタオカ ヨシコ様

コメントありがとうございます。
ミニトマトは夏の作物なので、今頃のトマトは寒さのせいで、葉が丸まったり、
実がしぼんできたのではないかなと思います。

ストーブをたいているとのことですが、夜の温度も14℃くらいあるほうがいいそうです。
日当たりもよい方が育ちやすいです。
Posted by 小野川夏子 at 2016年01月09日 11:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: