2017年05月30日

【有機生姜パウダー】

生姜と言えば、生姜=体を温めるもの。 として広く認識されていますが、使い方が違うだけで効果も異なります。

・風邪の引き始めや解熱には生の生姜
・体を温めたいときは乾燥した生姜

実は、冷え性には乾燥させた生姜を摂取するほうが効果があるんです!
生の生姜を食べた場合、生姜の辛味成分で体を温める作用のある『ジンゲロール』は、手足の末しょうで血管を広げ血流を良くします。
しかし、同時に体の深部にある熱を末しょうに送り出すため、深部体温は下がってしまいます。
乾燥させた生姜は、ジンゲロールの一部がショウガオールに変化します。
直接胃腸を刺激し、体の深部の熱を作り出す働きをするため、生の生姜よりも、乾燥させた生姜の方が全身を温めてくれるのです。

乾燥した生姜を手軽に使えて、すごくおすすめなのが生姜パウダーです。
乾燥させることによって水分が抜け、辛味が強くなります。
そして乾燥した生姜パウダーは体を温める成分が強くなるので、少量のパウダーでも効果が期待できるのです!!

紅茶やココアに入れて体の中からポカポカに♬
75506164.jpgka0001-kat1.jpgka0001-kat2.jpg
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 06:00| Comment(0) | 有機ドライ野菜/dried vegetables | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: