2018年01月08日

有機な花の出荷がはじまりました。

南国高知、といっても少し内陸にあたる
ここ香北町、今朝は氷点下まで気温が下がりました。
水道管も凍りますので、昨晩は凍結防止に
水を少し出して眠りました。

そこここで凍り付いた畑の水たまりを見ると
春は遠いように感じますが
そんな中でも、春を先取りしているのが
有機な花です。

例年12月には出荷がはじまる有機な花ですが
今年は天候の影響で出荷が遅れていました。
まだかまだかとお問い合わせもいただいていましたが
ようやく、
ようやく、
少しずつですが出荷がはじまっています。

昨年の台風から、急な低温と乾燥で
緑のお野菜は不足していますので
さっそく、全国からご注文をいただいています。

あっさりしているのに、ピリッとした辛みがクセになる有機な花
黄色い花が少しほころんでいる様子は
食卓に一足早い春をお届けします。
提供できる時期が短いので
逃さずご賞味ください。

20180108nabana.jpg
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 09:11| 有機な花/field masterd | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする