2018年11月26日

芍薬の収穫 生薬も作っています。

大地と自然の恵みでは、主に野菜、それも薬味系の野菜を色々作っていますが、実は数年前から芍薬の栽培にも取り組んでいます。
高知県立牧野植物園が薬用植物の研究と栽培普及のために県内各所で試験的に栽培しているのですが、その取り組みの中で香北町の畑を当社が担当しています。

大地と自然の恵みで多く作っている生姜も生薬として使用されますが、芍薬もまた、古来からさまざまな効果が認められ、広く利用されてきた生薬です。「立てば芍薬、座れば牡丹」ということわざも示すように、花はとても美しいのですが、薬用で使用される場合、花を咲かせると株が弱るため、早めに摘み取ってしまいます。植え付けから3〜5年を経て、ようやく根茎を掘り出し、これを乾燥させて生薬とします。

寒くなって葉っぱが枯れたところで、地上部を取り去り、根茎を掘ります。
181126syakuyaku06.jpg
こうなっていると、一体全体何の畑かわからないですね。

掘り起こしにはトラクターも使用しますが、畑のぐるりは人間が掘ってからでないと、貴重な根茎をトラクタ―が踏みつぶしてしまいますので、みんなで協力して掘り起こします。
181126syakuyaku05.jpg
が、こちらの畑の土は元々は田んぼだったためか、土が粘土質でなかなかの重労働。

181126syakuyaku01.jpg
一株に二人がかりでようやく掘り起こしました。

181126syakuyaku03.jpg
3年でこのぐらいの株。この根の部分が生薬になります。

芍薬の成分は、鎮痛、鎮痙作用があり、冷え性や風邪の症状の緩和、生理不順などに効果ありとのこと。
よく耳にする、「芍薬甘草湯」の他、色々な漢方薬に配合されています。

現在は、中国などからの輸入が多いとのことですが、いずれは「国産・有機」の生薬が手に入るようになるのかも。
栽培地、栽培方法、土壌成分による、生薬の成分の差や株の生育程度など、検証はこれから、とのことですがとても楽しみです。
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 12:04| Comment(0) | 芍薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: