2019年06月10日

野菜を育てる・野菜に育てられる

ブログを担当して2年になります。実は自分でも家庭菜園をやっているのですが、きちんと勉強もしないまま、適当なやりかたをしてきたので、収穫があったりなかったり。労力と資材投入に見合っているのかといえば、とっても微妙な畑です。

プロの農家、しかも有機栽培というので、取材という名目で勉強できる!という下心も手伝い、代表やスタッフのみんなに色々聞いたり、畑を観察したり。週に一度は畑に行って、成長の様子や病害虫の状況なども撮影してきました。

190605okura06.jpg
オクラの汁を吸うアブラムシ

190513udonko.jpg
ミニトマトのうどんこ病

190513buibui.jpg
なすの葉っぱを食べるドウガネブイブイ

そこで気が付くのは、病気や害虫の被害を受けている株は、他の株よりもどこか弱々しかったりすることです。病気なんだからあたりまえと思われるかもしれませんが、野生動物が、弱ったものから肉食動物に捕食されていくことなどを考えると、病害虫よりも先に、生き物としての活力の低下があります。その活力の元はといえばやはり、過不足ない肥料や水、気温や湿度のバランスなど、自分で動くことのできない植物に対して、生き物としての居心地の良さをいかに保ってやれるかにかかっています。

農薬や、化学肥料は本来、自然の中では淘汰されるような弱い個体さえもを助けるものでもあると思うのですが、そこから収穫される作物は、自然に健康に育った作物とはやはり違います。

日々畑を見つめ、そこから採れる作物を食べていると、作物本体の状態と、そこから収穫される食べ物の状態を繋げて考えることができます。たとえば今日のトマトが先週よりも美味しいのはどうしてか?作物の状態を知るために、見た目やデータの観察だけでなく、世話をしている畑でできたものを、実際に食べてみる、ということの重要性に気づかされます。肥料や天候で味や食感が変わるので、そこから、この時期はもっと水をやろう、だとか、次の追肥は種類を変えてみよう、など、次の仕事のヒントが得られるのです。

1900508okura02.jpg
毎日「じぶんとこの野菜」を食べていてこそ、「自分が食べたくないものは作らない」という気持ちになります。

そこにはマニュアルや教科書で得た知識ではカバーできない領域が広がっていますが、有機栽培では、このような感覚を養うことこそ大切です。理論上こうである、ということ以上に、今現在の作物の状態と、その時々の環境の変化の間の微妙なバランスを操っていくというのは、非常に繊細で難しい仕事です。そして何より経験がものをいいます。過去の失敗とその原因の分析が積み重なってはじめて見えてくることがあります。農耕的な社会において、年長者が尊敬されるのは、このような経験の蓄積があるためでしょう。

去年良かった方法が、今年はうまくいかないかもしれない。他所の産地で生まれた野菜が、この場所では違う育ち方をするのかもしれない。やってみたことだけが、積み重なり、次につながる足がかりになるのかもしれません。

posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 09:35| Comment(0) | 有機農業の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: