2019年06月12日

なすの苗を植えました。

なすの収穫は続いていますが、今収穫している畑ではすでにピークを越えてきているので、新しい畑に苗を植えることにしました。この苗から収穫がはじまるのは、ちょうど夏の盛りになるでしょうか。

前回まではハウス内に植えましたが、今回の定植は露地へ、今年は平年より気温が低めなのがやや気がかりですが、夏にたくさん食べたい作物なので、張り切って植えます。私もナスは好物。豊作を期待したいです。

190610nasu04.jpg
こちらが用意したナスの苗。千両という定番の品種です。

今回定植したナスは「接木苗」病気に強い品種に沢山収穫できる品種を接木しています。苗としては割高ですが、接木苗を使用した方が、病気にかかるリスクを減らせるので、今ではほとんどのナス農家が接木苗を使用しています。
190610nasu03.jpg

畝を作って、マルチフィルムを張り、フィルムに穴をあけて苗を植えます。今回定植したナスの苗は実に1000株!この日出勤のスタッフ総がかりで午前中には終わらせて、いい感じに午後から雨が降りました。植えるタイミングも重要です。

190610nasu01.jpg

植穴に支柱を立てて、植穴の横に苗を配ります。その後、一株一株丁寧に植え付けます。気温が上がってくると苗がしおれるのと、スタッフも腰をかがめて作業するので、できるだけ大人数でかかって、手早く済ませるようにします。

190610nasu02.jpg
狭いポットから、広い地面に。のびのびと根っこを伸ばしてね。
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 09:25| Comment(0) | 有機なす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: