2019年06月19日

生姜の暑さ対策!敷き藁大作戦!!

春に植え付けた生姜はようやく葉っぱも出て、これから夏にかけてぐんぐん大きくなります。
生姜は暑い地方原産の作物ですが、乾燥には弱いため、根元の土が露出しないように、稲藁をしきつめます。稲藁は、低温時には保温になり、高温時には断熱、保湿の効果があります。さらに高知県では、梅雨時に限らず、地面に打ち付けるような強い雨が降ることが多くあります。この雨は時に土壌を削り、畝が平らになるほどの勢いになることもあって、土の流出を防ぐ意味でも欠かせないものです。

190617syouga03.jpg

広葉樹林の根元などを見ると、落ち葉が何重にも重なっていて、雨が降っても浸透はゆっくりとおだやか、逆に高温が続いても土壌からの水分の蒸散を防いでいます。何年も降り積もったふかふかの腐葉土にはかないませんが、自然の摂理から学び、土と作物を守るための工夫として、稲藁はとても良い資材になります。

190617syouga01.jpg

使用する藁は、近隣の米農家から購入していますが、敷き藁に使えるのは乾燥した長いままの藁。腐らせずに乾燥させるには手間もかかるため、近年では、藁の入手も難しくなってきました。稲藁の入手がこれ以上難しくなるようなら、他の資材を探さなくてはならないのですが、なるべく近くから、身近な素材を使って、かわいい生姜たちが気持ちいいようにしてやりたいものです。
190617syouga04.jpg
しっかりぶ厚めのお布団で大事な根元をしっかりガード。
190617syouga05.jpg
ダム湖に面した広い畑。作業で汗をかいた後、周りの風景を眺めるのも野良仕事ならではの贅沢です。
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 07:00| Comment(0) | 有機しょうが/ginger | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: