2019年07月15日

ミニトマトの苗を植えました。 抑制栽培って何だろう?

今日はミニトマトの苗を植えました。去年までは、8月は出荷をお休みしていたミニトマトですが、今年からは真夏も出荷できるように鋭意画策中です。

トマトは夏の野菜なので、暑いところが好きそうなイメージですが、冷涼で乾燥した南米の高地原産の植物なので、日照を好む割に、高温多湿には弱いのです。ですから、雨が多くて日差しの強い高知の真夏に栽培するとなると、色々と工夫になるという訳。雨よけのためにハウス内で栽培するのですが、気温が上がりすぎるのを防ぐため、資材などを使って生育環境を整えることを抑制栽培というのだとか。ハウスといえば、加温するための施設、という印象がありましたが、冷房を取り付けるでもなく、気温を抑える方法があるなんて、驚きです。 そんな方法があるなら人間の生活にも応用してみたい。

190715tomato05.jpg

ちょうど都合よく数日間は曇りや雨の予報が続いていますが、植え付けは手早く済ませてしまわないと折角の苗がしおれてしまうので植え付けは急ピッチ。オクラの収穫を済ませたスタッフも合流して一気に片付けます。

190715tomato02.jpg
今回植えた苗は「べにすずめ」という品種。食味がよくて、たくさん収穫できるのはもちろんのこと、いつもお世話になっているマルハナバチ君がいなくても自分で受粉するのだそう。なんとびっくり!


今回使うマルチフィルムは銀色。これも抑制栽培のための工夫。銀色のマルチフィルムは光を反射するので、地温の上昇を抑えます。さらに、葉裏に住む害虫に光をあてて退治。一石二鳥です。植え付けは、この銀のマルチに30cm間隔で植え穴を開け、そこに苗を植えつけていきます。植え付けに時間がかからないように、この穴は苗が届く前にあけておきます。効率よく育てて収穫するために、株間を正確に取ることはとても重要!スタッフは必ずメジャーで測っていますよ。

今のところ、気温が低めで推移している今年の夏。高知県ではまだ梅雨も明けぬままですが、7月も折り返しです。夏本番に向け、高知から全国に元気のいい有機夏野菜をお届けできるように日々工夫。何より自分たちが毎日食べたいおいしいお野菜、ますます追求してまいります。

190715tomato06.jpg
雨が大好きアマガエル君。ミニトマトを植えたハウスの外にいました。鮮やかな黄緑色がかわいいな。
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 12:04| Comment(0) | 有機ミニトマト/tomato | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: