2020年07月27日

雨の日ファッションチェック!

7月も終わりというのに雨の日が続いています。晴耕雨読にはあこがれますが、現実は土砂降りの中でももちろん仕事。朝目が覚めて、雨音がすると憂鬱ですが、合羽を着て出かけます。

7月とはいえ、体が濡れると不快で、作業効率も落ちますので、雨装備にはスタッフそれぞれにこだわりがあるみたいですね。ここで突然ですが、雨の日ファッションチェック!

200727ame06.jpg

こちらは生姜を掘っている現場です。一応ハウスの中ですが、高温対策で天井のビニールをところどころ外していて、野外同然。。容赦ない雨で掘り上げる端からドロドロでの奮闘中です。

スタッフ二人にそれぞれ雨の装備へのこだわりをインタビュー。まず手前の青い合羽を着たスタッフ林氏のこだわりは、某登山用品メーカーのレインウエア。軽くて涼しいのがポイントだそうです。足元の足袋のようになった歩きやすい雨靴はネットで購入。収穫が終わってからハウスの屋根に上ってビニールを張り直す作業がありますので、長靴だと危険なのだとか。

200727ame04.jpg
作業中失礼します。ちょっと合羽を見せてくださいね。オヤ。顔にも泥がついているよ。。

200727ame03.jpg
足袋靴もドロドロですが、指先が二つに分かれてるの見えますかね?色やデザインは不明。

続いて2代目マサ氏。とにかく濡れたらすぐに着替えられるように雨合羽は複数用意おくのがこだわりポイント。濡れたまんまで作業するのはいやだからねー。とのこと。雨用の靴は長靴でも地下足袋でもなく、渓流釣りなどで水の中を歩く人のためのシューズを使い始めたばかりとのことで、濡れてもすぐに乾くし、軽くて濡れた場所でもすべらないのでこれまた高所作業にもいいんだとか。

200727ame02.jpg
作業着は地元高知の「ワークウェイ」という作業服専門店で買うことが多いです。

200727ame01.jpg
これが渓流用のシューズ。作業が終わってから洗って干しとくと、翌朝にはすっかり乾いているんだとか。水切れ抜群。

強い日差しや激しい雨にさらされる野外作業はちょっとした工夫で作業効率が全然変わってくるので、作業着や道具にはみんなそれぞれこだわりがあります。機能的なことだけじゃなくて、デザインがカッコよかったりすると雨の日でも多少はテンション上がるかもしれません。また後日、使って良かった買って良かったスタッフのおススメツールの情報まとめなんかも取材してみたいですね。
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 12:01| Comment(0) | 有機しょうが/ginger | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: