2020年09月07日

オクラの副菜レシピいろいろ

この一ヵ月というもの、オクラばかり食べています。他の野菜は暑さでカラカラですが、オクラは暑いほど好調で、次々に大きくなるので、少し小さいなと思って取り残した実が翌日には太り過ぎ。。ということもよくあるのです。太りすぎるとスジができて噛みきれないようになってしまうのですが、特にこの夏は全体的に雨が少な目だったので、これくらいならまだ大丈夫かな?と思ったやつが案外固いということもあったりして困りものです。太ったオクラを株に実らせたままにしておくと、新しい花が咲かなくなるので、たとえ注文が少なくても(T_T)見逃さないように収穫するのが大切です。

200907okura02.jpg
大きいことはいいことかと思いきや、オクラの場合はこうなると固くて食べられません。。

オクラといえば、茹でて刻んだのにかつお節とお醤油をかけて食べるというのが、一番ポピュラーな食べ方ですが、最近だと、醤油の代わりにポン酢とかマヨネーズで、という人も多いみたいです。お浸しよりもサラダ感覚で食べられる方が若い人にウケるのかも。

200907okura01.jpg
コレは家で一番良く作るオクラ料理「オクラの梅かつお和え」さっぱりしていて暑くて食欲がない時におススメです。

毎日のご飯では、主菜の他に名もない地味なおかずが一品二品あるとうれしいです。お弁当でもちょっとした野菜のおかずが添えられていると、栄養バランスが整う上に、彩りも良くなって一石二鳥。特に今の時期、緑の野菜が少ないので、オクラの緑には助けられています。今回はそんな風に、メインにちょっと添えるというタイプのごく簡単な副菜のレシピをいくつか紹介しておきますね。

オクラの副菜5選

オクラの梅かつお和え
1・梅ぼしを刻んだものにきび砂糖小さじ1/2、醤油小さじ1/2 かつお節と白いりごまを混ぜて和え衣を作ります。
2・お湯を沸かして、塩を少々入れ、オクラを色よくゆで上げます(1分ぐらい)
3・ザルにあげて輪切りにし、和え衣と混ぜてできあがりです。あれば、刻んだ青じそを天盛りに
一言メモ:市販の梅肉やうめびしおを使ってかつお節とゆでオクラを和えるだけならもっと簡単。

オクラの胡麻和え
1・すりごま大さじ1、きび砂糖 小さじ1/2 醤油小さじ1 米酢 小さじ1/2をまぜて和え衣を作ります。
2・お湯を沸かして、塩を少々入れ、オクラを色よくゆで上げます(1分ぐらい)
3・ザルにあげて輪切りにし、和え衣と混ぜてできあがりです。
一言メモ: マヨネーズに摺りごま混ぜたので和えてもおいしい。

オクラのモズク酢
1・塩モズクなら水にさらして、塩気を抜いて調味(米酢:きび砂糖:醤油 2:1:1くらい)します。
   ※ 味付けモズクの場合はそのまま
2・お湯を沸かして、塩を少々入れ、オクラを色よくゆで上げます(1分弱)
3・ザルにあげて輪切りにして、調味したモズクと混ぜ、再度味を調えてできあがりです。お好みで青柚子の皮や、おろし生姜を添えて。
一言メモ:子どもさんには調味酢をやや甘めに調味した方が食べやすいかも。

オクラのタラコあえ
1・タラコは外側の皮を外してバラバラにしておきます。
2・お湯を沸かして、塩を少々入れ、オクラを色よくゆで上げます(1分弱)
3・ザルにあげて輪切りにして、タラコと混ぜます。お好みでレモンやスダチの果汁を少量かけます。
一言メモ:これにもマヨネーズを足すともちろん美味しいです。

納豆オクラとろろ
1・納豆に生卵、醤油を入れてフワフワになるまでよく混ぜる
2・お湯を沸かして、塩を少々入れ、オクラを色よくゆで上げます(1分弱)
3・ザルにあげて輪切りにして、1と混ぜ、刻んだ青葱と白胡麻を散らして完成です。
一言メモ:さらに刻んだキムチなどを入れてもおいしい。

なにかあと一品欲しい!という時に是非お役立てくださいね。

posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 09:27| Comment(0) | 有機おくら/okura | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: