2020年09月14日

よみがえるニラ!

お野菜が少ない。そして高い!近頃そんな悲鳴もちらほら。昔はビニールハウスはおろか、冷蔵庫も車もなかったのですから、野菜といえば、その土地ごとの旬の素材だけ、というのが当然だった訳です。そして、野菜を作っていると、今の作と、次の作の間に「端境期(はざかいき)」という、収穫がほとんどない時期がはさまっています。端境期は春と秋に一回ずつ。次のシーズンの種を蒔いたり、苗を植えたりして忙しい時期に重なっていますが、出荷するものがないとなると、その間収入がなくなるということです。その時期にも何か出荷できる作物があると助かるのですが、ニラはその点でも、とても頼りになる作物です。

200914nira02.jpg
これはニラの花。結構かわいい。

自分で野菜を作っていると、自然と、今あるもので食卓をやりくりする(作ってるのに買うのはくやしいから。。)ようになるのですが、中でも、ニラとネギは、特に作っていて良かった。と思える作物です。何しろ使う頻度が高く、しかもほぼ通年育てられる。葉物の場合、小松菜やブロッコリーは種から世話をして、一度収穫すると終りですが、ニラの場合、刈り取りの後にまた同じ株に葉っぱが復活するので、一度植えた苗から複数回(だいたい5〜7回ぐらい)収穫できることになります。

200914nira04.jpg
ざくっと、根元近くから刈り取りました。(土から2cmぐらい残す)ここで追肥も撒いておく。

200914nira05.jpg
刈り取りから一週間あまり。

200914nira06.jpg
さらに経過した苗。涼しくなってきて成長のスピードも速くなってまいりました。

端境期真っ只中ではありますが、大地と自然の恵みでは、今日ご紹介したニラの他に青葱、生姜、オクラ(残りわずか)青柚子(いずれ黄柚子)を出荷しています。今週は菜花の種を蒔き、10月頃までには今育成中のミニトマトの新しい苗を植えます。朝夕は涼しくなって外仕事がはかどるようになってきました。

200914ine.jpg
畑の周辺の田んぼも稲刈り間近となりました。赤とんぼも飛んでいます。
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 11:13| Comment(0) | 有機にら/allium tuberosum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: