2020年09月21日

暑さ寒さも彼岸まで

連休3日目、皆さまいかがお過ごしでしょうか?弊社は普段から交代で出勤していますので、連休中も営業しています。そして明日22日は秋分の日。この日は、夜と昼の時間がほぼ等しくなる日です。夜と昼の長さが同じになる日は、春にもあって、いずれも「彼岸」とか「中日」などと呼ばれます。これに対して、夜が一番長いのが「冬至」昼が一番長いのが「夏至」という訳で、いずれも季節の節目とされています。

200921higanbana01.jpg
今あちこちで咲き始めた「彼岸花」です。夏場は球根のまま地中で過ごし、彼岸の頃になると急に姿を現します。

「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉がありますが、高知でも山間にあるこのあたりでは、既に朝晩20度を下回り、半袖では寒いと感じます。つい最近までみんな暑い暑いと騒いでいましたが、このあとじきに寒くなると思うと寂しくもあり。

200921arai01.jpg
野菜を洗う水もひんやりと感じるようになりました。

とはいえ、今の暑くも寒くもない時期というのは、野外でも働きやすくてありがたいです。端境期で出荷できる品目は減っているものの、やらなければいけないことが多いのでスタッフもフル稼働。季節の変わり目は体調も崩しやすいので、適宜休息もとりながら、人間も野菜も健康管理をしっかりしないといけませんね。

200921hanmok.jpg
体が資本のこの仕事。休憩時間に体力を回復するために、先月から出荷場の一角にハンモックを導入しました。すてきな福利厚生でしょ?
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 09:58| Comment(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: