2020年09月14日

よみがえるニラ!

お野菜が少ない。そして高い!近頃そんな悲鳴もちらほら。昔はビニールハウスはおろか、冷蔵庫も車もなかったのですから、野菜といえば、その土地ごとの旬の素材だけ、というのが当然だった訳です。そして、野菜を作っていると、今の作と、次の作の間に「端境期(はざかいき)」という、収穫がほとんどない時期がはさまっています。端境期は春と秋に一回ずつ。次のシーズンの種を蒔いたり、苗を植えたりして忙しい時期に重なっていますが、出荷するものがないとなると、その間収入がなくなるということです。その時期にも何か出荷できる作物があると助かるのですが、ニラはその点でも、とても頼りになる作物です。

200914nira02.jpg
これはニラの花。結構かわいい。

自分で野菜を作っていると、自然と、今あるもので食卓をやりくりする(作ってるのに買うのはくやしいから。。)ようになるのですが、中でも、ニラとネギは、特に作っていて良かった。と思える作物です。何しろ使う頻度が高く、しかもほぼ通年育てられる。葉物の場合、小松菜やブロッコリーは種から世話をして、一度収穫すると終りですが、ニラの場合、刈り取りの後にまた同じ株に葉っぱが復活するので、一度植えた苗から複数回(だいたい5〜7回ぐらい)収穫できることになります。

200914nira04.jpg
ざくっと、根元近くから刈り取りました。(土から2cmぐらい残す)ここで追肥も撒いておく。

200914nira05.jpg
刈り取りから一週間あまり。

200914nira06.jpg
さらに経過した苗。涼しくなってきて成長のスピードも速くなってまいりました。

端境期真っ只中ではありますが、大地と自然の恵みでは、今日ご紹介したニラの他に青葱、生姜、オクラ(残りわずか)青柚子(いずれ黄柚子)を出荷しています。今週は菜花の種を蒔き、10月頃までには今育成中のミニトマトの新しい苗を植えます。朝夕は涼しくなって外仕事がはかどるようになってきました。

200914ine.jpg
畑の周辺の田んぼも稲刈り間近となりました。赤とんぼも飛んでいます。
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 11:13| Comment(0) | 有機にら/allium tuberosum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月10日

ニラ植えの工夫

先日、ニラの苗を植えました。ニラは種から育てていますが、はじめはとても小さいので、苗専用のハウスで管理し、ある程度の大きさになってから別のハウスに移して定植しています。

200810nira05.jpg
ニラの苗です。

畑はあらかじめ肥料を入れて耕してから、畝立てをし、マルチフィルムを貼ります。マルチフィルムの色は白。フィルムの裏面は黒で、夏場は白い方を表にしていますが、気温が低い時期には、黒の方を使います。

マルチフィルムにあらかじめ開けておいた穴にニラの苗を植えるのですが、穴に突っ込むだけでは定着しにくいので、ここで土に押し込むために道具を使います。この道具、実は代表の手作り。この地域では、イモの蔓を植えるために木の枝がY字になった部分を使っていましたが、これをヒントにして、竹で作っています。

2008110.jpg
コレです。シンプルな竹製のヘラですが先の部分が足袋のように二股に割れています。

オリジナルツールということで、代表には念のため、これを公開しても大丈夫でしょうか?とお伺いを立ててみましたところ、別にいいんじゃないの。ですって。太っ腹です。私も真似して一本作ってみたいです。売っている農業機械や農機具は便利ですが、それよりもこうした手作りの道具や工夫を見るとうれしくなります。何本もあったので、作るのも大変だったと思います。大切に使いたいですね。

200810nira03.jpg

穴の横に苗の束を配り、順に植え付けていきます。単純な作業ですが、あくまで丁寧に。道具を使ってしっかりと土に差し込むと苗の活着が違ってきます。

200810nia04.jpg

苗は深く植えすぎても、浅く植えすぎてもよくありません。根っこの下が空洞になったりしないように、慎重に植えていますよ。

200810nira07.jpg
植えましたよ。

ここから収穫までは80日ぐらいです。どうか無事に育ってね。
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 09:57| Comment(0) | 有機にら/allium tuberosum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月18日

有機ニラとアブラムシ

ニラは年中収穫できる青物として、とても便利な野菜です。栄養価も高いので、たくさん食べていただきたい。大地と自然の恵みでは年中出荷しているのですが、春先になるといつも悩まされているのがアブラムシです。慣行農業ではあらかじめ、防除のための農薬を散布しているのでそもそもアブラムシなんて発生しない(!)ということらしいのですが、こちらはそういう訳にもいきませんので、対処としては発生したニラを刈り捨て、マルチを貼り込んで、熱で蒸殺す、または有機で使用できる植物油由来の乳剤を散布するというような対策を取っています。しかし、刈り捨ても広範囲に及ぶと、出荷に支障がでるのが悩みの種です。

200316nira03.jpg
黒いツブツブがアブラムシです。本当は洗えば問題なく食べられるんですが、商品として出荷することはできません ( ;∀;)

200316nira02.jpg
同じハウス内でも、アブラムシの発生が多い所と少ない所があります。この条件の違いが解明できれば大発見ですよね。

もう少し気温が上がれば、アブラムシの発生も減っていきます。作物にとっても大切なのは病害虫も跳ね返すような免疫力。元気な野菜を育てることに注力すれば、農薬を使わないのが当たり前の世の中も夢ではないのかもしれません。
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 07:00| Comment(0) | 有機にら/allium tuberosum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月10日

寒さ本番!有機にらを使った あったかいちゃんこ鍋であったまろう。

11月は暖かい日が続きましたが、12月に入って、南国土佐も冷え込みが厳しくなってきました。
こんな時に食べたいのは断然お鍋!

最近ではお鍋に入れるだけの粉末や液体のスープの素がたくさん出回っていますが、元々のお鍋は野菜やお肉から出た出汁(だし)を生かしたお料理。寒くなって甘みを蓄えた野菜の旨みをじっくり味わえるレシピを紹介します。

有機にらたっぷり! 塩ちゃんこ鍋の作り方
191122nabe01.jpg

【材料】
・だし汁 1リットル(かつおと昆布のだし →取り方https://www.yuukinougyou.com/recipe/category/2637727231387381239712366
・塩 小さじ4
・しょうゆ 大さじ1
・みりん 大さじ1
・日本酒 100cc
・にんにく 2かけ(すりおろし)
※ 辛いのが好きな人は、食べる時に柚子胡椒や、七味唐辛子を入れるのもおすすめです。

・きのこ類 (しめじ、えのき、しいたけなど)
・有機ニラ 1袋
・もやし 1袋
・厚揚げ 1個
・豚肉細切れ またはバラ肉 150g
・うどん またはラーメン 1玉
・有機青ねぎ 2本

 具材は、上記の他、白菜、白ネギ、つみれなど、あるものを入れて。豚肉がなければ、鶏もも肉や鶏の肉団子などを入れてもおいしい。

【作り方】
1・だしを取ります(だしのとりかたはhttps://www.yuukinougyou.com/recipe/category/2637727231387381239712366
2・1のだしに、酒、にんにくのすりおろしときのこ類、厚揚げを入れて弱火にかけます。(きのこと厚揚げを先に入れるのは、旨みを引き出すためです)沸騰したら他の調味料を入れます。ひと煮立ちしたら味見をして、好みで塩や酒を足します。(この後、水分のある素材を入れるので、ここではやや濃い目に味付けしておいた方がいいかもしれません)
3・麺以外の具材をすべて入れ、火かげんを中火にしてから蓋をして具材に火が通るまで煮ます。
4・各自取り分けて(スープは後で麺を入れるので半分以上残す)鍋の中身を食べ終わったら、最後にうどんかラーメンを入れて火にかけ、好みの固さになる直前に刻んだ青葱を入れて蓋をし、少し蒸らしたら出来上がりです。




posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 10:08| Comment(0) | 有機にら/allium tuberosum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

プリプリ!皮から手作り「ニラとエビの水餃子」

もうすぐ六月、ちょっと憂鬱な梅雨も目前です。
こんな時に食べたいのは、つるりと口あたりがよくて、おなかに優しいもの。水餃子なんていかがでしょうか?
ギョウザといえば、焼き餃子をイメージする人が多いかもしれませんが、本場中国では水餃子の方がよく食べられているそうです。今回はニラとエビを使いましたが、エビがなければかわりに豚肉をつかってもOK。やわらかい有機のニラはどちらとも相性ばっちりです。

皮はスーパーで出来上がったものを買えば手軽ですが、手作りすると驚きのおいしさ。できれば、粉も国産にこだわってみてください。粉にこだわっても、材料費はお手頃で、おもてなしにも使えるので、週末などに作り置きして、冷凍しておくのがおススメです。( 時間がある時は、材料を2〜3倍にしてたくさん作ります。冷凍庫に置いてあると、時間がないときにも、お湯で湯がくだけですぐに食べられるので幸せ!)

190529suigyouza12.jpg
ニラとエビの水餃子

【材料】2~3人分 約30個

 皮
 ・薄力粉 120g
 ・強力粉 120g
  ※ 粉はいずれも国産がオススメです。薄力粉は地粉(中力粉)でもかまいません。
 ・お湯  160cc
 ・打ち粉(片栗粉) 適量

 具
 ・有機ニラ 1束
 ・えび(無頭 むき海老でも可)200g
 ・有機しょうが ひとかけ(親指の先ぐらいの大きさ)
 ・片栗粉 大さじ1
 ・卵白 1個分
 ・塩 小さじ1/3
 ・砂糖 小さじ1/2

 つけダレ
 ・醤油 大さじ2
 ・酢 大さじ1
 ・ラー油 各自好みで

190526suigyouza01.jpg


【作り方】

1.生地を作ります
薄力粉と強力粉を大きめのボウルに入れて混ぜ合わせます。
粉を菜箸でぐるぐると混ぜながら、熱湯をそそいで、そぼろ状にまとまりができてきたら手でこねはじめ、5分程こねてひとまとまりになったら、濡れふきんをボウルにかぶせて、5分休ませます。

190526suigyouza03.jpg
粉にお湯を注いで、そぼろ状にしてから、こね始めます。

さらに5分こね、5分休ませて、もう一度こねます。(こねて休ませることを繰り返すことで、生地がしっとりと滑らかにまとまります)
190526suigyouza06.jpg
一回目、生地をひとまとめにした状態。まだデコボコしています。

190529gyouza13.jpg
さらに2回こねて休ませる前。つるんとなめらかで、耳たぶぐらいの固さになっています。

こね終わった生地に濡れ布巾をかぶせ、15分ほど休ませます。この間に具を作ります。

2.具をつくります

ニラを小口切り、エビは殻をむいて、細かく刻みます。
190526suigyouza04.jpg
むいたエビをたたくようにきざみます。もう少し粗くても大丈夫ですが

ボウルに刻んだニラとエビ、すりおろしたしょうがなど、具の材料をすべて入れて混ぜ合わせます。

190526suigyouza05.jpg
ニラ、エビ、すりおろししょうが、片栗粉、卵白、塩、砂糖
190526suigyouza12.jpg

3.皮に具を包みます

休ませておいた生地を、打ち粉をひいたまな板に出して二つに切り分け、さらにその生地を転がして棒状にします。画像のように三角に切ります(ひとつ18gぐらいで約30個)。
190526suigyouza09.jpg
ひとつの重さの目安は18gぐらい。30個ぐらいになるように丸めます。

190529gyouza17.jpg
広げるまで、ラップフィルムをかぶせて、生地が乾かないようにしておきます。

丸めた生地に打ち粉をまぶし、のし棒で丸く、直径12cmぐらいに押し広げます(広げ方にコツがあります。詳しくは下のイラストで...)
gyouza.jpg

190529gyouza14.jpg
打ち粉を丸めた生地のおもてうらにたくさんまぶしてから、のし棒で広げていきます。直径約10cm前後

190526suigyouza11.jpg
重ねる時にも、打ち粉をまぶして。慣れないうちは、あまり重ねておかないように。生地がやわらかいと、せっかく作った皮が、くっついてやりなおし。。という羽目になります(経験あり)

小さな容器に水を用意します。生地の真ん中に、スプーンですくって具をのせ、片側に水を塗って二つ折にしてからひだを作って、具が飛び出さないようにひだの部分を押さえます。

190526suigyouza13.jpg
包んだら、打ち粉を敷いた大きなお皿やまな板の上に、お互いにひっつかないように並べます。ゆがくまでにモタモタしていると、具から水分が出て、持ち上げた時に、バラバラになったりするので注意。

冷凍する場合は、ここで、多めに打ち粉をつけてバットや保存容器に入れて冷凍室へ。

190529gyouza15.jpg
ひっついてしまうと、後でやっかいなので、隙間をあけるか、粉をしっかりつけて冷凍します。容器の中で、二段にする時は、間にラップフィルムをはさんでおくと安心。

大きめの鍋に2ℓの水を沸かし、沸騰したら、餃子についた余分な打ち粉を払い(そのままだとお湯がドロドロになります)重ならないぐらいの個数をお湯に入れて2〜3分ゆがきます。全体に透明感が出て、具の緑色が透けるように見えてきたらゆであがりです。
皮が分厚かったりすると、ゆで上がるのに時間がかかるので注意。ゆで方が足りない場合、生地が白っぽく、中身のエビが赤くなっていなかったりします。どうかな?と思ったら試しにひとつ引き上げて割ってみて。

190526suigyouza15.jpg

茹で上がった餃子の水気を切って皿に盛り付け、熱いうちにつけダレをつけていただきます。

190529suigyouza12.jpg


【おまけ】

エビの殻としっぽをダシにしてスープができます。ざつと水洗いしたエビの殻を、しょうがの皮やネギのかけらとともに水に入れ、弱火にかけて沸騰したら火を消します。これだけ。ザルで漉した後、再度煮立ててアクをすくい、塩や醤油、みりんやナンプラーなどで調味してスープに。水餃子を浮かせてワンタンスープ風、春雨スープなどにしてもおいしいです。

190526suigyouza17.jpg

エビの殻も、生姜の皮も、工夫次第で有効活用。捨てたらもったいない。

posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 10:54| Comment(0) | 有機にら/allium tuberosum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

にらたっぷり!旨辛チゲ鍋

今週末には桜が咲くという予想が出ましたが、ここ数日冬に戻ったような肌寒さです。ブルブル。。
山間とはいえ、南国土佐なので、お日様の光は力強く、今週はまた気温も上がりそうだということですが、コタツやストーブを片づけるのはもうすこし後になりそうです。

190318tukushi01.jpg
駐車場にはかわいらしいつくしが出てきましたが。

気持ちは春に行きたいのですが、こうも寒いと暖かいものが食べたくなります。冷蔵庫にあるもので、手軽にできて、不足しがちなお野菜をたくさん食べられて、となると鍋ものでしょうか。
190318nira01.jpg
こちらはニラのハウスです。いちめん緑色の世界。
190318nira03.jpg
レシピつくるのでニラ持って帰ります。と、言ったらば、大量にいただく。。レシピ担当の特権ありがたく、そしてややパニック。

大地と自然の恵みでは一年中作っている「ニラ」は鍋物にもぴったり。青い野菜が少なくなる時期も、ずっと頼りになります。寒い日におなかのなかから暖かくなりたい、ということで、今日紹介するのは韓国風のチゲ鍋。
調理手順は辛い豚汁、という感じなので、気軽に試してみてくださいね。

190318chige01.jpg

にらたっぷり・旨辛チゲ鍋の作り方

【材料】2〜3人分
・豚バラ肉または豚コマ切れ肉 200g
・絹ごし豆腐 1丁
・白菜 1/4
・ニラ 2束
・しめじ、しいたけなどのキノコ類 適宜
・塩 少々
・ごま油 大さじ1(普通の油じゃなくてごま油を使うと、少し本場風になるのですね)
・水 4カップ
・みそ 大さじ2
・コチュジャン 大さじ2
※ シメにうどんやラーメン、ごはんがあれば大満足!

【作り方】
1・具材をそれぞれ食べやすい大きさに切ります。
2・鍋にごま油を熱し、豚肉を入れて炒めます。半分ぐらい火が通ったらキノコも入れて全体にしんなりとするまで炒めます。
3・2に水と白菜を加えて火にかけ、煮立ってきたらアクをすくって火を弱めます。鍋から煮汁を少し取ってボールに入れ、みそとコチュジャンを溶きます。これを鍋に戻してからスープの味見をします。好みで調味料を足して、最後にニラと豆腐を入れて、蓋をして火が通るまで煮れば出来上がりです。何人かでいただくなら、食卓にコンロと鍋を置いて、具材を足しながら食べても良いですね。お鍋の後のシメは、うどんやラーメン、ごはんを入れておじやにしてもおいしくいただけます。

補足
・市販の鍋の素は便利ですが、無添加の手作りスープは格別です。味噌やコチュジャンは物によって塩分にかなりバラつきがありますので、必ず味見をしてスープの味の調整を。
・辛いの苦手、という人やお子さんのいるご家庭では、辛味を入れない味噌仕立ての鍋にして、各自好みで、コチュジャンや、七味などを加えるとよいかもしれません。味噌のかわりに塩や醤油で味付けすれば「ちゃんこ鍋風」に。
・豚肉の代わりに、ぶつ切りの鶏肉や、ひき肉のつくねを入れてもおいしい。
・コチュジャンが入手できない場合、豆板醤にみりん、砂糖を加えると似た味わいになります(コチュジャンとトウバンジャンはそれぞれ、豆や麹、唐辛子が原料の辛い味噌ですが、コチュジャンにはもち米の麹や糖分が使われていて、豆板醤よりも甘みが強いのが特長です)それぞれのお国の皆様には、全然違う!などと言われてしまいそうですが、オリジナルレシピってことでここはひとつ。。
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 12:02| 有機にら/allium tuberosum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月17日

ニラが大活躍!

11月になると、いろんな秋冬野菜が出回るのですが、10月は白菜や大根といった野菜類も収量が少なく、そしてお高い。。それに加えて、ここ最近の台風の影響で、本来10月に出回るはずの野菜も収量が減って、価格に影響が出ています。

そんな時に頼りになるのは、やっぱりニラ。不足しがちな緑黄色野菜はニラで補いましょう。
炒め物のイメージが強いニラですが、お味噌汁の具材としてもおススメ。

181015nira.jpg
最近、具だくさんの味噌汁とごはんというシンプルな献立が流行っていますね。
9784766129540_398.jpg
土井先生のこの本とか。
hon01.jpg
こちらは今年話題の本。

ごはんは、一汁三菜というイメージがありますが、世界的に見ても、そんなに品数をそろえているのは珍しく、忙しい時は、献立を簡単にしよう、という流れには賛成。とにかく作り立ての暖かいものが食べられて、お弁当を買うよりも経済的なのも良い。

お味噌汁の具は三種類入れたい。その組み合わせの中でも好きなのが、ジャガイモ+豚肉+ニラのセットです。
ここにさらに、しめじや玉ねぎなどを加えたり、ジャガイモの代わりにサツマイモを入れても美味しいです。

そして、この味噌汁、出汁を使っていません。
ジャガイモや玉ねぎなどの野菜や、豚肉からも出汁が出るので、出汁とり不要。

まず水に芋や大根などの固い野菜を入れて、弱火でゆっくり煮、火が通ったら細切れにした豚肉ぱらぱらと投入、
最後にニラを入れて軽くひと煮立てしてから、火を止めて味噌を溶きます。
ニラは火を通しすぎない方が美味しいです。

夜遅く帰宅した時など、あとは風呂に入って寝るだけという状況では、これだけ、物足りなけば納豆や焼き魚を添えただけで、もう充分ではないか。手抜き?疲れている時などは無理せずこのぐらいにしておくのが、体にも心にもいいと思うんですが。。

181001nira04.jpg
台風が過ぎた後に、ニラの苗を植え付けました。大地と自然の恵みでは、通年ニラを出荷しています。
P1070951.jpg
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 10:54| Comment(0) | 有機にら/allium tuberosum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月30日

ニラの植え付けをしています。

先日の台風、皆さまご無事でしょうか。
ここ香美市香北町では昨日少し雨が強くなった程度で、心配された暴風も今回は控えめでした。
近頃は台風も予想通りには動かないので、油断はできないのですが、まずは台風一過の月曜日、今日はニラの植え付け作業がはじまっています。

nira02.jpg

ニラの苗はハウスで種まきをして、ある程度の大きさになったところで、定植します。

nira05.jpg
畝にマルチをはって、植穴をあけ、苗を二本ずつ植え込みます。
nira03.jpg
今回植えたニラは約2か月後ぐらいから収穫がはじまります。

猛暑で青物が不足する夏場も収穫できるニラは貴重なビタミン元です。夏バテ気味の皆さま、ニラを使ったメニューをもりもり食べて、夏を乗り切りましょう。
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 11:28| Comment(0) | 有機にら/allium tuberosum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

田植えの頃、韮生野の里に韮を植える。

ツバメも飛来して、ここ韮生野でもあちこちで田植えがはじまっています。
nirouno201805.jpg
田んぼに水がはられました。
taue01.jpg
鮮やかな黄緑色の苗

野菜の方も梅雨までにやっておきたい仕事があれこれ。外仕事には最高の季節ですが、とても忙しい毎日です。
昨日は、ニラの畑を準備。前作の残渣を取り除いたあと、肥料をまいてトラクターで耕します。地味ながら、とても大切な作業。
nirahause01.jpg
スタッフが使っているこの見慣れない道具は「背負い式肥料散布器」というそう。便利な道具があるのですね。

nirahouse03.jpg
nirahouse04.jpg
作業中のフレッシュな若手社員の活躍の模様を激写。

nirahause02.jpg

肥料をまき終わったら、トラクターで耕しながら畝を立て、ここに後日ニラの苗を植え付けます。ニラは年中食べられて、栄養豊富な緑黄色野菜。いつでも届けできるように、大地と自然の恵みでは露地とハウス、両方で栽培しています。

nirounobus02.jpg
事務所の周辺の集落の名前はその名も「韮生野」です。きっとずっと昔から韮が生えていたのですね。





posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 11:21| Comment(0) | 有機にら/allium tuberosum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

有機ニラでつくる、簡単ニラチヂミ

年中あるので、いつが旬なのかわかりにくい印象のニラですが、春、3月から4月頃に取れるニラは
一番韮といって、やわらかくて特においしいのです。

お鍋や炒め物にと大活躍のニラですが、今回はニラが主役のニラチヂミをご紹介します。

chijimi.jpg
チヂミは韓国風のお好み焼き。韓国では「ジョン」「煎」と呼ばれることの方が多いとか。

<材料> 1〜2人分
・有機ニラ 一束
・薄力粉、または中力粉 カップ1/2
・片栗粉 大さじ1
・水 60cc
・顆粒だしのもと ※無添加のもの、鶏ガラスープやかつおだしなど 適宜
・油 大さじ2
・たまご 1個

つけだれ
・しょうゆ 大さじ2
・醸造酢 小さじ1
・ごま油 小さじ1/2
・鷹の爪または一味とうがらし 少々

chijimi01.jpg

<下ごしらえ>
・ニラを10cmぐらいに切りそろえる
・つけだれの材料を混ぜてたれを作っておく
・卵を割りほぐす

<作り方>
1・薄力粉と片栗粉、顆粒のだしのもとを混ぜて、水を注ぎダマがなくなるまでさっと混ぜる(練らない)
2・1に切ったニラを入れて絡める

chijimi02.jpg

4・フライパンを熱して油大さじ一を入れてフライパンに広げます。中火にしてから、2のたねを半分入れて、溶き卵を半分かけ、少し焼き色がついたら裏返して裏面も焼きます。

cjhijimi03.jpg
鉄のフライパンは少し煙が出るほど熱くしてから、いったん火を消し、フライパン全体に油を広げてから生地を入れると焦げ付かず、上手く焼けます。
※フッ素加工のフライパンの場合、熱しすぎると加工面が痛むので注意


chijimi04.jpg

5・おいしそうに焼き色がついて、中まで火が通ったらできあがりです。食べやすい大きさに切ってお皿に盛りつけ、つけだれを添えて食卓へ!

IMG_1115[1].jpg

こちらのブログで紹介するレシピでは、できるだけ手に入りやすい食材を使うように心がけていますが、キムチの漬け汁や魚介、豚肉などを入れてみても美味しいので、お好みで是非いろいろなバリエーションを試してみてくださいね!
チヂミを2〜3種類作って、ワカメのスープ、キムチなんかも添えて韓国風の夕餉にしてみても楽しそうです。
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 09:17| Comment(0) | 有機にら/allium tuberosum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする