2019年07月29日

夏本番!夏野菜祭り!!

7月ももうすぐ終わり、長かった梅雨もようやく明けて、肌寒い7月も一転!急激に気温が上昇しております。。みなさまいかがおすごしですか?私はもはや夏バテ気味ですが、今朝もスタッフのみんなは、午前中からお日様が容赦なく照りつける畑に出かけていきました。元気だ。。

夏といえば、露地の野菜が元気な時期です。定番のオクラと、今年からはじまった茄子の収穫もまっさかり。気温が低くて成長が遅れていたオクラですが、ここにきて勢いが出てきました。オクラは大きくなると、筋張って固くなってしまうので、急いで収穫しなくていけません。また、大きくなったオクラが幹についたままになっていると、次の花が咲かないので、これも要注意。午前中の涼しいうちにたくさんのスタッフが出ていっせいに収穫します。

190729okura01.jpg
オクラ畑の畦には今、こんな花が咲いています。彼岸花の仲間かな?和みます。

190729okura03.jpg
炎天下での収穫作業は、日焼けと高温対策が大事です。色々試してみんなそれぞれの工夫があります。

190729okura05.jpg
暑いほど元気なんだ、オクラさんたち。青空に映えるクリーム色の涼し気な花。

一方、こちらは茄子の畑。長雨で花が落ちていたのが記憶に新しいですが、梅雨があけて元気回復!ハウスの茄子が終わりかけているところで、うまく露地につながりました。

190729nasu06.jpg
190729nasu02.jpg
190729nasu03.jpg
これは日本ミツバチかな?暑いのによく働きます。虫や両生類を見かけるのも有機の畑ならでは。

190729nasu04.jpg
ちょうちょもいました。

ナスの葉っぱ生き生きと元気。全体が元気だから、きれいで美味しい実がなるという訳。日頃のお世話のたまものです。
収穫中の忙しい所お邪魔して、ナス食べていますか?と聞いてみますと、食べてますとの答え、よく食べているメニューは唐辛子と塩を入れて炒めたものですって。スタッフも元気でなければ、作物のお世話はできませんので、食べることはとても大事。忙しい中、みんなよく自炊しています。

ナスとオクラの他、夏野菜をどっさり使ったメニューも鋭意開発中。
下の画像はそうめんつゆに生姜のすりおろしを入れて、素揚げにした夏野菜を漬け込んだ揚げびたし。近々レシピコーナーにも載せますね。

190729nasu05.jpg






posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 10:04| Comment(0) | 有機おくら/okura | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月06日

オクラの収穫がはじまりました!

6月になりました。3月末に種をまいてから2ヶ月あまり、いよいよオクラの収穫がはじまりました。今年は気温が低い日が続き、これでも成長は遅れています。トンネルを使った促成栽培だったので、花の付きはほぼ例年通りですが、背丈が低い。腰をかがめての収穫なのでちょっと大変。

190605okura07.jpg
現在、膝よりも少し高いぐらいの丈。
190605okura04.jpg
こんな感じで腰を曲げての収穫作業。長くやってると腰に負担が。。イタタ。

100605okura02.jpg
背丈は低いけど、実は次々と太ってます。収穫が遅れて大きくなると固くなってしまうのでいそがないと!

気温が低いと多くなるのが、アブラムシの被害。雨がたくさん降ったり気温が高くなると減るんですが今年は彼らにとっていい気候が長く続いています。有機で野菜を育てるにあたっては、季節ごと、その季節らしい気候であった方がやりやすい。涼しいので作業ははかどるんですけど、悩ましいですね。

190605okura06.jpg
アブラムシの被害にあっているオクラはこんな感じです。こうなると、アブラムシの分泌物で葉っぱも実もベトベト。。

190605okura08.jpg
涼しいうちに畑に入って次々にもぎとります。腰につけた収穫用の袋にぎっしり!

オクラはこれから、10月まで収穫が続きます。次々に太るオクラに追いかけられる季節が今年も始まりました。南国高知なので、比較的早い出荷となります。初物で食卓から夏を先取り!全国からのご注文をお待ちしております。
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 12:09| Comment(0) | 有機おくら/okura | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

オクラの花が咲きました。

先日ようやくトンネルを外したオクラ畑、ここ最近の低温で、背丈はまだまだ小さいものの、花がちらほらと開き始めました。

190521okura02.jpg
一見すると、よくわからないのですが。。

190521okura01.jpg
近づくと、葉っぱの奥に。うすいクリーム色が可憐なおくらの花です。

190521okura03.jpg

さらに、すでに実がついている株もありました。昨日今日と、久々にしっかりした雨も降り、この暑くなるという予報なので、次々に花が咲いて、オクラの収穫ができる日も近い!

オクラ畑周辺の田では、田植えが終わったばかりでした。畦も美しく塗られ、水をたたえた田んぼには、久々に晴れあがった空が映っています。

190521tanbo06.jpg
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 10:23| Comment(0) | 有機おくら/okura | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月13日

ただいまのオクラ畑

5月第一週 オクラ畑の様子

種まきから一ヵ月あまり、途中気温が低い時期があり、いつもよりもやや成長が遅れ気味ということですが、背丈もトンネル上部に届くようになり、昼間の気温も上がってきたので、保温のためにかけていたトンネルを片づけました。

1900508okura02.jpg
トンネルを片づけた後の畑です。

代表が手に持っているのは、細めの鉄パイプで、これで、畝の真ん中にある水枕に穴をあけてまわっています。最近雨が少ないので、少しでも水やり代わりに。時々やや黄色っぽくなっている株があるのも、水不足かな。

190508okura04.jpg
真ん中の水枕の水が抜けてぺったんこになっています。畑の土もやや乾燥気味なので雨が待たれます。

190508okura03.jpg
今はごらんのとおり、人の膝ぐらいまでの大きさですが、夏には人の背丈を追い越すほどの大きさになります。


190513okura01.jpg
花の蕾もちらほら見え始め、このままのペースなら、今月末ぐらいから出荷できそうです。

posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 11:55| Comment(0) | 有機おくら/okura | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月26日

オクラの種をまきました。

桜の開花の知らせを聞いたとたんに冷え込んだ週末、いかがおすごしでしょうか。作物も、草も虫も急に勢いづくこの季節、農家はやることが多くててんてこ舞いの日々です。

もう先々週のことになってしまいましたが、今年もおくらの種まきをしました。普通、オクラの種まきはもっと暖かくなってからですが、オクラ農家としては、市場に沢山出回る頃よりも少しでも早く収穫したい。そこで、いろんな工夫をして、収穫のスタート時期を前倒しにしています。

ちょっと太っ腹ですが、ここでどどーんとそのやりかたを公開します。
190325okura06.jpg
まずこれが種まきをしているオクラ畑の様子です。種まきの方法を順を追って説明しますと。。

・まず畝を立てて、マルチフィルムをはります。
・その上に水の入ったチューブを畝の中央に配置しします。(保温のため)
・画像に見えるようなアーチ状の支柱をさします。
・チューブの両脇に穴をあけて種をまき、赤土をかぶせます。
・アーチの上から透明のビニールをかぶせて、両脇を土で押さえます。

種を蒔くだけでこの工程。。たいへんな手間がかかってます。工夫も色々と。

190325okura04.jpg
種を蒔いた後にかぶせる土は、畑の土ではなく、山から掘ってきた赤土。なぜこんな面倒なことをしているかというと、畑の土には、雑草の種の他に、作物を病気の原因になる菌が混ざることがあるためです。

ホームセンターなどで購入できる市販の種の多くには、殺菌消毒のための農薬がコーティングされているため、そのまままいても病気にかかりにくいのですが、有機栽培では、そのような種を使用しないので、このひと手間が大切になってきます。

190325okura02.jpg
真ん中のビニールチューブには水が入っていますが、これは、中の水が日中、日の光で温められて湯たんぽのようになり、気温が下がる夜中から明け方にかけて、トンネルの中の温度が下がるのを防いでくれる役割があります。この方法を考えた人はすごいな。そういえば、海の近くの方が、盆地よりも寒暖差が少なくなりますが、これも水の保温力のおかげなんですよね。自然の摂理を利用したエコ暖房システムといったところでしょうか。

190325okura05.jpg

最後に、ビニールをかけて、ふちに土をかぶせます。この時期は風が強い日も多いので、これを怠ると、せっかくかけたビニールがめくれ上がって逃げ出します。そうならないようにしっかりと。画面正面から右はまだ仮止めで、左側は土寄せ作業が終わっています。いつだったかマサさんが、オクラは露地のわりに資材がこじゃんといる。。と言っていた理由がよくわかりました

発芽には少し時間がかかりますが、収穫が始まるのが6月頃から。

1805okura01.jpg
ちなみにこちらは昨年5月のオクラ畑の様子。トンネルとビニールチューブは芽が出てしばらくしたら外します。今年もおいしいオクラがたくさんとれますように。


posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 10:49| Comment(0) | 有機おくら/okura | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月07日

オクラのフライ

つぎからつぎに台風が来て、落ち着かない日が続きます。
台風25号は高知県を通りませんでしたが、暴風域には入っていたようで
作物の被害を心配しましたが、今回はかすり傷程度。ということで
まずは一安心でしょうか。

10月に入って、ご近所では稲刈りもはじまっています。
181001tanbo02.jpg
他所さまの田んぼですが、黄金色に垂れ下がった稲穂に思わずぱちり。

6月下旬から収穫が続いていたオクラも10月で終わりです。
オクラさんたちも収穫するスタッフも長い間がんばりました。
181007okura.jpg
夏野菜のイメージがあるオクラですが、10月に入っても収穫することができます。

野菜はどうしても、脇役にまわりがちなのですが、折角自分達で育てたオクラですので、時には食卓の主役にしたい!
ということで、今回はオクラをフライにしてみました。

大地と自然の恵みのお野菜を購入してくださるお客さん中のには、菜食中心、またはベジタリアンの方もおられるようですが、全体にあっさりと仕上がってしまうお野菜料理にあって、油をつかったメニューはおもてなしにもぴったりです。
一般に、フライ物の衣には卵を使うものですが、今回は、ベジタリアンの方も食べられるように卵なしのレシピでご案内します。このレシピなら菜食の人も、そうでない人も、一緒に楽しめます。
181007okura02.jpg
さっそくレシピです。

【材料】
・有機オクラ 200g(ふた袋)
・強力粉 カップ1/2杯(素材にまぶすようには分量外で少量)
※強力粉だと、カリッと仕上がりますが、なければ薄力粉や中力粉でもよい。
・パン粉 カップ1杯
・塩     少々
・こしょう  少々
・揚げ油(低温圧搾の菜種油など) 適宜

*揚げた後の調味は市販のソースでももちろん美味しいですが、おすすめは天日塩とレモン、先日紹介したピザソースやタルタルソースを添えても。ディップによって色々と楽しめます。
*オクラだけでなく、カボチャやなすび、玉ねぎなど、色々な野菜を一緒にフライにするのもおすすめ。

【作り方】
1・オクラを洗い、ヘタを落としてボウルに入れ、塩とこしょうを加えて、全体にぬめりが出るまで手で混ぜます。
2・1にまんべんなく小麦粉をまぶします。
3・衣を作ります。ボウルに小麦粉と水を入れ、練らないように菜箸でざっと混ぜます(ダマが残っていてもよい)
4・3に2のオクラを入れて衣をからめ、パン粉を入れたバットにそっと移して、パン粉をまぶします。
  パン粉を多めに使い、パン粉に埋めるようにして上からそっと押さえます。あまり触りすぎると衣が取れてしまうので注意。

181007okura05.jpg
衣はこのぐらいダマが残っていても大丈夫です。パン粉をつける糊の役目をします。

181007okura03.jpg
パン粉の中に、衣をつけたオクラを入れて、まんべんなくパン粉をまぶします。

5・180℃※に熱した揚げ油に、4を入れて黄金色になるまで揚げます。揚げている途中は菜箸などでつつかないこと。途中で一度だけ表裏をひっくり返します。
※ 揚げ油の温度の見方は、パン粉をひとかけら油に落とし、底について、すぐに浮かんでくるのが180℃です。しばらく底に沈んでいる時は、温度が低く、逆に底につかずにすぐに浮かんくるようだと、温度が高すぎます。

181007okura04.jpg
ついつい菜箸や揚げ網で突っつきそうになりますが、油にオクラを入れたら、ある程度色づくまで触らずに。衣に熱が通ったら、触ってもはがれにくくなるので、一度だけひっくりかえして、両面を揚げます。

6・こんがりと揚ったら、バットやキッチンペーパーを敷いた皿に取って油を切り、できるだけ早く食卓へ!揚げたてが格別です。
  ソースやトッピングも色々用意しておくと、それぞれ好みの味で食べられます。
181007okura02.jpg
今回は先日紹介したピザソースと、マヨネーズにジェノベーゼソース(バジルのソース)を加えたバジルマヨネーズを添えました。
レモン汁をかけるだけでも美味しいですよ。
  





posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 09:19| Comment(0) | 有機おくら/okura | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

オクラの収穫が最盛期です。

今日のお天気は時々小雨の降る曇り。
先週までの猛暑が嘘のように涼しいここ数日、野外の作業もはかどる気候になってきました。

今日スタッフは、オクラと生姜の収穫に出かけているので追いかけました。
180820okura08.jpg
今日は涼しいですが、各自水分補給ができるようにしっかり準備しています。

180820okura07.JPG
まだ朝露のついたオクラの花とオクラの実


180820okura04.JPG
ハサミで丁寧に収穫して、腰に取り付けたかごに入れます。


180820okura02.JPG
かごいっぱいのオクラです。

180820okura09.JPG
オクラの実は成長中に虫などに傷を付けられると、そこから曲がってしまいます。

180820okura05.JPG

180820okura06.JPG
畑に住んでいるカエルやトンボは害虫も食べてくれます。彼らは農薬を撒くと姿を見せなくなるのですが、有機の畑には沢山います。

180820aoi.JPG
こちらは、オクラと同じアオイ科の仲間、タチアオイの花です。おくらの花に少し似ていますね。畑のすぐそばで咲いていました。

posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 11:25| Comment(0) | 有機おくら/okura | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

オクラが元気です。

立秋が過ぎ、少しだけ涼しくなったような気がする韮生野。
暑さには強いはずの作物も、雨が少ないのでちょっと心配。。そんな中でひときわ元気なのがオクラです。

花は涼しげ、薄いたまご色でちりめん生地のドレスを着ているようです。

180806okura01.jpg
花の上に、オクラの実がなっています。

オクラといえば、茹でて刻んで、かつお節と醤油をかけて食べるのが一般的ですが、
比較的新しい野菜で、食べ方のバリエーションが少ないという声もちらほら。
しかし、あまり難しい調理法は面倒くさい。と、いうことで、今回は、料理?というぐらい簡単な一品をご紹介。

材料は
・オクラ
・塩
・黒胡椒
・油(菜種油やオリーブオイルなど)

これだけです。

まず、オクラを洗って、ヘタの上の方を切り落とします(硬くなっていなければ、ヘタつきで大丈夫)
耐熱皿やバットに入れて油大さじ1、塩、黒胡椒を振りかけて、オクラによくまぶします。

okura02.jpg

オーブン(200℃くらい)またはオーブントースターや魚焼きグリルに入れて焼き目がつくまで焼きます。
片面の魚焼きグリルを使う場合、途中でオクラをひっくり返す。

okura03.jpg
なんとこれだけ。
焼きたてをビールのおつまみにも。
同じ要領で、トマトやジャガイモ、ベーコンなどを一緒に焼いても。

揚げ物よりも油が少なく、オーブンに入れたらほったらかしで
美味しいので、おもてなしにもオススメ!

あっという間になくなっちゃいますのでご注意。


posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 11:27| Comment(0) | 有機おくら/okura | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

暑い日のお昼にぴったり! ネバネバパワーそうめん

四国も梅雨があけました。先週の長雨で弱った胃腸に今度は猛暑が直撃。
こんな時には、のどごしの良い、冷たい麺類が食べたくなりますよね。

しかし、そうめんばっかり食べてたらバテちゃうよ!とかいう声も聞こえてくる、という夏のお昼ごはんあるある。そこでおススメしたいのが、この「ネバネバパワーそうめん」です。

・さっと作れて
・美味しくて
・さらに栄養満点!

というウルトラCの高得点をマークしつつ、夏のヘビーローテーション確定メニューです。ささ、早速レシピを。。

<ネバネバパワーそうめん>
okura04.jpg
材料 一人分
・そうめん 2輪
・有機オクラ 2〜3本
・納豆 1パック
・青しそ、または青ねぎ 適宜
・めんつゆ(下にレシピあり。ストレートで約40ccほど)
・梅干し 約半分

めんつゆ ※ このレシピで約200ccできます。冷蔵庫で3日〜4日は持ちます。
・水 150cc
・かつお節 ひとつかみ
・昆布 5cm角ぐらい
・みりん 50cc
・しょうゆ 50cc

1.めんつゆを作ります。
小鍋に材料をすべて入れて、ごく弱火で煮ます。沸騰したら火を止め、水と氷を入れたボールに鍋を入れて、急冷
します。冷めたらざるで漉して、瓶に入れ、冷蔵庫で保存してください。

2.大きめのお鍋に1Lのお湯を沸かして、まずオクラをゆがきます。ぐらぐらのお湯にオクラを投入して、色が鮮やかになったら、箸などで取り出し、冷水に入れて冷まします。※ このお湯でそうめんを茹でますので捨てないで。

3.梅干しは種を取り除いて叩き、青しそは細切りにして、納豆とオクラを刻みます。

okura02.jpg

4.2のお湯を再び火にかけ、もう一度沸騰してからそうめんを投入し、菜箸で麺をさばき、ゆでこぼれに気をつけながら約1分〜1.5分湯がきます。

5.ゆでた麺をざるに取り、流水でぬめりがなくなるまでよく洗います。

okura01.jpg

6.よく水を切ったそうめんを浅めの鉢や丼に盛りつけ、オクラと納豆を混ぜ合わせたものを乗せます。刻んだ青しそか青ねぎと梅肉を乗せていりごまを振りかけ、めんつゆをかけてて完成です。


💡 おいしいポイント 
・上にトッピングする薬味は、このレシピの材料の他に、ゆずコショウや生姜のすりおろし、花かつおなどお好みで!
・めんつゆは市販のものでもいいのですが、手軽に作れておいしいので、是非手作りしてみてください。
 そうめんや冷やしうどんなどの麺類の他に、親子丼や天ぷらのにも使えます。
・納豆は小粒ならそのままでもいいのですが、まな板の上で細かく刻むと麺によく絡んでおいしいです。
・麺は冷水でしっかり洗うと締まってピカピカになり、びっくりするほど美味しくなります✨これを味わえば、ゆでたて、締めたての麺しか食べられなくなっちゃいますよ。

 兵庫県出身の管理人贔屓のおそうめん、揖保の糸のホームページに詳しい茹で方が載っていましたよ↓

posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 11:38| Comment(0) | 有機おくら/okura | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

オクラの出荷がはじまりました。

7月です。
関東では梅雨があけたようですね。
四国はまだですが、気温は日々上昇中。蒸し暑いです。

この湿度も気温も上がる時期、オクラの出荷もはじまりました。
まだ数は少ないのですが、これから徐々に増えていきます。

P1060297.jpg

オクラは緑の野菜が減る真夏にありがたい野菜。
このブログでもいろいろなレシピを紹介していきます。

社長のお宅では初物をつかった、オクラの味噌汁が食卓にのぼったそうです。
ネバネバ仲間のなめこも一緒に。オクラの断面がかわいいです。

okura01.jpg
ちなみに味噌も自家製だそうです。おいしそー。


posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 09:09| Comment(0) | 有機おくら/okura | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする