2020年09月07日

オクラの副菜レシピいろいろ

この一ヵ月というもの、オクラばかり食べています。他の野菜は暑さでカラカラですが、オクラは暑いほど好調で、次々に大きくなるので、少し小さいなと思って取り残した実が翌日には太り過ぎ。。ということもよくあるのです。太りすぎるとスジができて噛みきれないようになってしまうのですが、特にこの夏は全体的に雨が少な目だったので、これくらいならまだ大丈夫かな?と思ったやつが案外固いということもあったりして困りものです。太ったオクラを株に実らせたままにしておくと、新しい花が咲かなくなるので、たとえ注文が少なくても(T_T)見逃さないように収穫するのが大切です。

200907okura02.jpg
大きいことはいいことかと思いきや、オクラの場合はこうなると固くて食べられません。。

オクラといえば、茹でて刻んだのにかつお節とお醤油をかけて食べるというのが、一番ポピュラーな食べ方ですが、最近だと、醤油の代わりにポン酢とかマヨネーズで、という人も多いみたいです。お浸しよりもサラダ感覚で食べられる方が若い人にウケるのかも。

200907okura01.jpg
コレは家で一番良く作るオクラ料理「オクラの梅かつお和え」さっぱりしていて暑くて食欲がない時におススメです。

毎日のご飯では、主菜の他に名もない地味なおかずが一品二品あるとうれしいです。お弁当でもちょっとした野菜のおかずが添えられていると、栄養バランスが整う上に、彩りも良くなって一石二鳥。特に今の時期、緑の野菜が少ないので、オクラの緑には助けられています。今回はそんな風に、メインにちょっと添えるというタイプのごく簡単な副菜のレシピをいくつか紹介しておきますね。

オクラの副菜5選

オクラの梅かつお和え
1・梅ぼしを刻んだものにきび砂糖小さじ1/2、醤油小さじ1/2 かつお節と白いりごまを混ぜて和え衣を作ります。
2・お湯を沸かして、塩を少々入れ、オクラを色よくゆで上げます(1分ぐらい)
3・ザルにあげて輪切りにし、和え衣と混ぜてできあがりです。あれば、刻んだ青じそを天盛りに
一言メモ:市販の梅肉やうめびしおを使ってかつお節とゆでオクラを和えるだけならもっと簡単。

オクラの胡麻和え
1・すりごま大さじ1、きび砂糖 小さじ1/2 醤油小さじ1 米酢 小さじ1/2をまぜて和え衣を作ります。
2・お湯を沸かして、塩を少々入れ、オクラを色よくゆで上げます(1分ぐらい)
3・ザルにあげて輪切りにし、和え衣と混ぜてできあがりです。
一言メモ: マヨネーズに摺りごま混ぜたので和えてもおいしい。

オクラのモズク酢
1・塩モズクなら水にさらして、塩気を抜いて調味(米酢:きび砂糖:醤油 2:1:1くらい)します。
   ※ 味付けモズクの場合はそのまま
2・お湯を沸かして、塩を少々入れ、オクラを色よくゆで上げます(1分弱)
3・ザルにあげて輪切りにして、調味したモズクと混ぜ、再度味を調えてできあがりです。お好みで青柚子の皮や、おろし生姜を添えて。
一言メモ:子どもさんには調味酢をやや甘めに調味した方が食べやすいかも。

オクラのタラコあえ
1・タラコは外側の皮を外してバラバラにしておきます。
2・お湯を沸かして、塩を少々入れ、オクラを色よくゆで上げます(1分弱)
3・ザルにあげて輪切りにして、タラコと混ぜます。お好みでレモンやスダチの果汁を少量かけます。
一言メモ:これにもマヨネーズを足すともちろん美味しいです。

納豆オクラとろろ
1・納豆に生卵、醤油を入れてフワフワになるまでよく混ぜる
2・お湯を沸かして、塩を少々入れ、オクラを色よくゆで上げます(1分弱)
3・ザルにあげて輪切りにして、1と混ぜ、刻んだ青葱と白胡麻を散らして完成です。
一言メモ:さらに刻んだキムチなどを入れてもおいしい。

なにかあと一品欲しい!という時に是非お役立てくださいね。

posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 09:27| Comment(0) | 有機おくら/okura | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月22日

夏至です。

昨日は、一年で一番昼間の長い日「夏至」でした。これからが夏本番。そして梅雨真っ盛り。。のはずですが、今朝は晴れました!

200622syouga02.jpg
ピカーン✨と、梅雨とは思えない爽やかな朝。。

こんな日は、いずれ暑くなるので収穫作業は午前中早めに終わらせたいところです。

200622okura03.jpg
低い背丈のオクラを収穫するのは腰に負担がかかります。早く大きくなってほしいですね。
200622okura02.jpg

気温の関係か、現在はやや低調のオクラさんたち。いずれ人と同じぐらいの背丈になりますが、今はまだこんな感じです。虫の食害もちらほらあるので、そちらも気にしつつの収穫作業です。

200622okura01.jpg
腰につけた収穫用のかごからコンテナに集められたオクラたちです。

200622ajisai.jpg

畑に向かう街道沿いには紫陽花が植えられていて、今が見ごろ。紫陽花の色は土壌のphによって決まると思っていましたが、あらためて調べてみると、アルカリ性=赤系 酸性=青系という常識もとっくに覆されておりました。

そういえば、日本では酸性土壌が多いにもかかわらず、ピンク系の花も比較的多く見られます。これにはアルミニウムやリン酸などの含有量や、水分量など、多くの要素が影響していて、酸性かアルカリ性か、なんていう単純なことではないようです。なんとなく日陰のあじさいには青が多いなとは思っていましたが、たとえ酸性の土壌に植わっていたとしても、水分量が少ない状態では、花を青くするアルミニウムイオンが溶けださないために赤系になるというので、そのあたりも気にしつつ観察すると面白いですね。(そういえば、この画像の場所は日当たりが良い)

参考:園芸ネットより「あじさいの花色調整」


200622kumo.jpg
畑の周辺の生き物から教えてもらえることは多いですね。

posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 11:20| Comment(0) | 有機おくら/okura | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月15日

有機オクラの収穫がはじまりました。

先週からオクラの収穫がはじまりました。今年は、種を蒔いてからの低温と雨が少なかったことによる乾燥で収穫時期が遅れましたが、梅雨がはじまってようやく動き出した感があります。

200615okura05.jpg
どんよりと重い曇り空の下ですが、明るいクリーム色のオクラの花はひときわ鮮やか。

200615okura01.jpg
今年は序盤足踏みで苦戦気味だったオクラですが、ようやく勢いが出てきました。

200615okura08.jpg
傷がつくと、その部分が黒く変色するデリケートなオクラ。出荷場でていねいに選別し、袋詰めしています。

200615okura04.jpg
初物!まだ少し小ぶりです。

日々土に触れ、作業に汗を流し、日が暮れればごはんを食べてお風呂に入り、布団に入れば体の疲れで、早々に寝入ってしまうというのが、農家の日常です。農業でお金をたくさん稼ぐのは難しいのですが、先に書いたような暮らしをしていると、たくさんお金を使う機会もあまりありません。

時々フンパツしてごちそうを食べたところで、野菜だけではなく、魚や肉の産地でもあるこの地域で、生産者(知り合いをたどれば、ほとんどの第一次産業につながるのが田舎です。いただくことも多い)から一番上等の食材を買ってもさほど高額になることはないですし、地元の店も都会からすると驚くほど安くておいしいものを出しています。山や川、ひとつ山を越えれば海も近く、休日に一日中遊んでも入場料を取られることはありません。そもそも、植物を育てたり畑を整備したり、ちょっとした大工仕事が楽しいと思えるのならば、仕事という名のもとに、ずっと遊んでいる、と解釈することだってできるかもしれません。

誰かに指示され、自分の意図とは関係なく動かされている、と感じているのならば、農業に限らずどんな仕事もつまらないのですが、自分のやりたいことと、仕事の内容が矛盾していなければ、すべて学びとして吸収できるので一石二鳥です。ただそれを自分の将来にどう生かすか、応用していくかという将来像を抱いていないと、まったく面白くはない訳ですが。

posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 11:34| Comment(0) | 有機おくら/okura | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月27日

4月ももうすぐ終わり。オクラ畑の様子です。

ここのところ気温が低くて、発芽が遅れていましたが、ようやくオクラの芽が出そろいました!

200420okura02.jpg
トンネルが曇って、中が見えませんね。。気温が上がって来たところで、トンネルの天井に通気口を開けます。

200420okura04.jpg
通気口から中を覗きますと。。オクラの芽が出ています。一カ所に3〜4粒撒いてあるので、兄弟で競い合い、支えあうように大きくなります。

オクラ畑の隣の畑にはレンゲとシロツメクサの花が咲いていました。

200420renge.jpg
不穏なニュースばかりの今日この頃ですが、何があっても野っぱらに花が咲いているということになぐさめられます。

オクラの花が咲き始めるのが5月下旬、収穫は6月頃から。今年もたくさんのお客さんにおいしいオクラを食べていただけますように!
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 10:23| Comment(0) | 有機おくら/okura | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月23日

オクラの種を蒔きました。

3月19日の金曜日は春分の日、例年このころには、オクラの種をまきます。家庭菜園をされている方はおや?と思われるかもしれません。そうです。露地で育てるオクラの種まき時期は本来ならもっと先。いかに南国高知といえども、うっかりすれば霜がおりるような時期に種をまくのは早すぎます。ところがわたしたちのオクラ畑はといえば、3月種まきが恒例。でも、こんなに早く撒いたオクラをちゃんと育てるにはいろいろな工夫が必要です。

ハウスに植えるの?と思われるかもしれませんが、オクラは種から露地栽培。夏野菜を促成栽培をする場合、寒いうちにハウス内で苗をある程度まで大きくして、気温が高くなってから露地に定植するのが一般的ですが、オクラは根がまっすぐ下に伸びるので、苗を作って植え替えるよりも直播の方が適しているのです。

しかし、そのままでは発芽しても朝晩の低温にあたってダメになってしまいますので、ある程度の大きさに育つまで、小さなハウスのようにトンネル型の覆いをします。

200324okura01.jpg

200323okura01.jpg
苗が育ってきたら、このトンネルはとりのぞきます。

トンネルの中には、灌水チューブが敷かれていますので、ビニールが被せてあっても水を撒くことができるのですが、ハウスと違って暖房がありません。日中は20度をこえる日もあるのに、朝晩は霜が降りることもある3月にオクラを発芽をさせるには、もう一工夫必要です。

200324okura02.jpg
ビニールのトンネルの中を覗き込みますと、中央に透明のビニールチューブがあるのが見えます。このチューブの中身は水。そしてオクラの種は、このチューブのすぐ横に撒かれています。

いわば、これは太陽熱を利用した湯たんぽ。水は空気と比べて熱を保持しやすいので、日中、日光があたって暖かくなったチューブ内の水が、夜間外気温が下がってからも、しばらくは熱を保ち続け、トンネル内の温度変化を緩やかにしてくれるという訳。

オクラは約1週間で芽が出始めます。収穫がはじまる6月頃です。


posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 12:07| Comment(0) | 有機おくら/okura | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

夏本番!夏野菜祭り!!

7月ももうすぐ終わり、長かった梅雨もようやく明けて、肌寒い7月も一転!急激に気温が上昇しております。。みなさまいかがおすごしですか?私はもはや夏バテ気味ですが、今朝もスタッフのみんなは、午前中からお日様が容赦なく照りつける畑に出かけていきました。元気だ。。

夏といえば、露地の野菜が元気な時期です。定番のオクラと、今年からはじまった茄子の収穫もまっさかり。気温が低くて成長が遅れていたオクラですが、ここにきて勢いが出てきました。オクラは大きくなると、筋張って固くなってしまうので、急いで収穫しなくていけません。また、大きくなったオクラが幹についたままになっていると、次の花が咲かないので、これも要注意。午前中の涼しいうちにたくさんのスタッフが出ていっせいに収穫します。

190729okura01.jpg
オクラ畑の畦には今、こんな花が咲いています。彼岸花の仲間かな?和みます。

190729okura03.jpg
炎天下での収穫作業は、日焼けと高温対策が大事です。色々試してみんなそれぞれの工夫があります。

190729okura05.jpg
暑いほど元気なんだ、オクラさんたち。青空に映えるクリーム色の涼し気な花。

一方、こちらは茄子の畑。長雨で花が落ちていたのが記憶に新しいですが、梅雨があけて元気回復!ハウスの茄子が終わりかけているところで、うまく露地につながりました。

190729nasu06.jpg
190729nasu02.jpg
190729nasu03.jpg
これは日本ミツバチかな?暑いのによく働きます。虫や両生類を見かけるのも有機の畑ならでは。

190729nasu04.jpg
ちょうちょもいました。

ナスの葉っぱ生き生きと元気。全体が元気だから、きれいで美味しい実がなるという訳。日頃のお世話のたまものです。
収穫中の忙しい所お邪魔して、ナス食べていますか?と聞いてみますと、食べてますとの答え、よく食べているメニューは唐辛子と塩を入れて炒めたものですって。スタッフも元気でなければ、作物のお世話はできませんので、食べることはとても大事。忙しい中、みんなよく自炊しています。

ナスとオクラの他、夏野菜をどっさり使ったメニューも鋭意開発中。
下の画像はそうめんつゆに生姜のすりおろしを入れて、素揚げにした夏野菜を漬け込んだ揚げびたし。近々レシピコーナーにも載せますね。

190729nasu05.jpg






posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 10:04| Comment(0) | 有機おくら/okura | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月06日

オクラの収穫がはじまりました!

6月になりました。3月末に種をまいてから2ヶ月あまり、いよいよオクラの収穫がはじまりました。今年は気温が低い日が続き、これでも成長は遅れています。トンネルを使った促成栽培だったので、花の付きはほぼ例年通りですが、背丈が低い。腰をかがめての収穫なのでちょっと大変。

190605okura07.jpg
現在、膝よりも少し高いぐらいの丈。
190605okura04.jpg
こんな感じで腰を曲げての収穫作業。長くやってると腰に負担が。。イタタ。

100605okura02.jpg
背丈は低いけど、実は次々と太ってます。収穫が遅れて大きくなると固くなってしまうのでいそがないと!

気温が低いと多くなるのが、アブラムシの被害。雨がたくさん降ったり気温が高くなると減るんですが今年は彼らにとっていい気候が長く続いています。有機で野菜を育てるにあたっては、季節ごと、その季節らしい気候であった方がやりやすい。涼しいので作業ははかどるんですけど、悩ましいですね。

190605okura06.jpg
アブラムシの被害にあっているオクラはこんな感じです。こうなると、アブラムシの分泌物で葉っぱも実もベトベト。。

190605okura08.jpg
涼しいうちに畑に入って次々にもぎとります。腰につけた収穫用の袋にぎっしり!

オクラはこれから、10月まで収穫が続きます。次々に太るオクラに追いかけられる季節が今年も始まりました。南国高知なので、比較的早い出荷となります。初物で食卓から夏を先取り!全国からのご注文をお待ちしております。
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 12:09| Comment(0) | 有機おくら/okura | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

オクラの花が咲きました。

先日ようやくトンネルを外したオクラ畑、ここ最近の低温で、背丈はまだまだ小さいものの、花がちらほらと開き始めました。

190521okura02.jpg
一見すると、よくわからないのですが。。

190521okura01.jpg
近づくと、葉っぱの奥に。うすいクリーム色が可憐なおくらの花です。

190521okura03.jpg

さらに、すでに実がついている株もありました。昨日今日と、久々にしっかりした雨も降り、この暑くなるという予報なので、次々に花が咲いて、オクラの収穫ができる日も近い!

オクラ畑周辺の田では、田植えが終わったばかりでした。畦も美しく塗られ、水をたたえた田んぼには、久々に晴れあがった空が映っています。

190521tanbo06.jpg
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 10:23| Comment(0) | 有機おくら/okura | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月13日

ただいまのオクラ畑

5月第一週 オクラ畑の様子

種まきから一ヵ月あまり、途中気温が低い時期があり、いつもよりもやや成長が遅れ気味ということですが、背丈もトンネル上部に届くようになり、昼間の気温も上がってきたので、保温のためにかけていたトンネルを片づけました。

1900508okura02.jpg
トンネルを片づけた後の畑です。

代表が手に持っているのは、細めの鉄パイプで、これで、畝の真ん中にある水枕に穴をあけてまわっています。最近雨が少ないので、少しでも水やり代わりに。時々やや黄色っぽくなっている株があるのも、水不足かな。

190508okura04.jpg
真ん中の水枕の水が抜けてぺったんこになっています。畑の土もやや乾燥気味なので雨が待たれます。

190508okura03.jpg
今はごらんのとおり、人の膝ぐらいまでの大きさですが、夏には人の背丈を追い越すほどの大きさになります。


190513okura01.jpg
花の蕾もちらほら見え始め、このままのペースなら、今月末ぐらいから出荷できそうです。

posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 11:55| Comment(0) | 有機おくら/okura | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月26日

オクラの種をまきました。

桜の開花の知らせを聞いたとたんに冷え込んだ週末、いかがおすごしでしょうか。作物も、草も虫も急に勢いづくこの季節、農家はやることが多くててんてこ舞いの日々です。

もう先々週のことになってしまいましたが、今年もおくらの種まきをしました。普通、オクラの種まきはもっと暖かくなってからですが、オクラ農家としては、市場に沢山出回る頃よりも少しでも早く収穫したい。そこで、いろんな工夫をして、収穫のスタート時期を前倒しにしています。

ちょっと太っ腹ですが、ここでどどーんとそのやりかたを公開します。
190325okura06.jpg
まずこれが種まきをしているオクラ畑の様子です。種まきの方法を順を追って説明しますと。。

・まず畝を立てて、マルチフィルムをはります。
・その上に水の入ったチューブを畝の中央に配置しします。(保温のため)
・画像に見えるようなアーチ状の支柱をさします。
・チューブの両脇に穴をあけて種をまき、赤土をかぶせます。
・アーチの上から透明のビニールをかぶせて、両脇を土で押さえます。

種を蒔くだけでこの工程。。たいへんな手間がかかってます。工夫も色々と。

190325okura04.jpg
種を蒔いた後にかぶせる土は、畑の土ではなく、山から掘ってきた赤土。なぜこんな面倒なことをしているかというと、畑の土には、雑草の種の他に、作物を病気の原因になる菌が混ざることがあるためです。

ホームセンターなどで購入できる市販の種の多くには、殺菌消毒のための農薬がコーティングされているため、そのまままいても病気にかかりにくいのですが、有機栽培では、そのような種を使用しないので、このひと手間が大切になってきます。

190325okura02.jpg
真ん中のビニールチューブには水が入っていますが、これは、中の水が日中、日の光で温められて湯たんぽのようになり、気温が下がる夜中から明け方にかけて、トンネルの中の温度が下がるのを防いでくれる役割があります。この方法を考えた人はすごいな。そういえば、海の近くの方が、盆地よりも寒暖差が少なくなりますが、これも水の保温力のおかげなんですよね。自然の摂理を利用したエコ暖房システムといったところでしょうか。

190325okura05.jpg

最後に、ビニールをかけて、ふちに土をかぶせます。この時期は風が強い日も多いので、これを怠ると、せっかくかけたビニールがめくれ上がって逃げ出します。そうならないようにしっかりと。画面正面から右はまだ仮止めで、左側は土寄せ作業が終わっています。いつだったかマサさんが、オクラは露地のわりに資材がこじゃんといる。。と言っていた理由がよくわかりました

発芽には少し時間がかかりますが、収穫が始まるのが6月頃から。

1805okura01.jpg
ちなみにこちらは昨年5月のオクラ畑の様子。トンネルとビニールチューブは芽が出てしばらくしたら外します。今年もおいしいオクラがたくさんとれますように。


posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 10:49| Comment(0) | 有機おくら/okura | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする