2019年04月29日

アースデイズ高知2019に参加しました!

4月21日(日)に開催された、アースデイズ高知2019に、大地と自然の恵みとして、はじめて参加しました。アースデイズ高知は、今年でなんと29回目!そして、30回を目前に控えた今年、去年までの開催場所である、高知城前の丸の内緑地から、我々のホームである、ここ香北町、アンパンマンミュージアム前の広場に会場を移しての開催となりました。これは参加しなくては。

earthdays01.jpg
当日の会場の様子。広い原っぱの周りに、出店のテントが並びました。

earthdays05.jpg
原っぱの東側には小高いステージがあって、開催時間中はほとんど途切れず、ライブやダンスパフォーマンスが。出店スタッフも楽しみました。


アースデイズって何?

アースデイって、聞いたことがある人もいるでしょうか?もともとは1970年、環境破壊や大気汚染が世界的に深刻な問題となる中、アメリカで、地球環境を考える日として制定されました。(本来は4月22日。春分の日の翌日です)高知では1990年から、アメリカから高知を訪れていたジョー君という少年の呼びかけをきっかけに、毎年開催されるようになりました。

アースデイに、複数形のsがついているのは、地球について考えることが、その日一日だけの特別なことにするのではなく、アースデイが終わっても、日々意識していこう、という想いをこめて名付けられたということです。

私たちの取り組む有機農業は、食の安全や食べる人の健康はもとより、農業によって、地域を豊かにし、環境を保全する役割も担っていると自負しています。このようなイベントへの参加は地域と繋がり、大地と自然の恵みを知っていただくチャンス。ということで、テントや出品する作物を用意してドキドキの初参加となりました。

音楽、食べ物、手仕事やワークショップ

アースデイズでは、食べ物や飲み物の出店の他、手作りの雑貨やワークショップ、環境を考えるイベントと多彩な出演者によるライブが展開されています。我々は入り口付近で、「ミニトマトくじ」を展開。百円で大当たり1kgを狙えるとあって、ちびっこにも人気でした。トマトをつまみながらライブ鑑賞。アースデイズの今年のテーマカラーは赤で、これはうれしい偶然。急きょ雇った販売員はトマト帽を着用して、道行くお客さんに強硬セールス(-_-;)しかし、かわいいので私も一枚引いてみちゃいました。結果は4等。。

tomatokun02.jpg
噂の販売員君1号。帽子のヘタはジュンコさんがくっつけてくれました。

当日はお天気もまずまず、暑すぎず寒すぎずでのどかな日和でした。来年アースデイズの開催場所は未定のようですが、またアンパンマンミュージアム前でやってくれるとうれしいなーという地元民でした。しばし日常を忘れるひと時ですね。今回はすべてはじめてのことで、他の出店をじっくり見る余裕がなかったのですが、次回開催された時は、もう少し色々見てまわりたいものです。(と、いいつつ、ちゃっかりお弁当やカフェラテを確保していたブログ担当なのですが。。)

posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 09:38| Comment(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月02日

ひよこふたたび!

昨日は新しい元号が決まりましたね。いろいろなことが新しくなっていくようで、むやみにソワソワする今日この頃です。
桜が咲いたのに、無情にも寒かったここ数日、昨日は高知県でも標高の高い所ではなんと雪!ここ韮生野でも、時折みぞれまじりの雨が降りました。今朝また少し冷え込みました。
190402sakura01.jpg
こちら、事務所近くのアンパンマンミュージアムの裏山の桜。冷え込んだので散らずに長持ちしています。

ちょうど、一年前の3月頃、ジュンコさんのヒヨコを紹介しましたが、今年も生まれてしまいました。しかも、今回は孵卵器に入れたのではなく、勝手に孵ったということで、それどういうこと?と、思ったのですが、つまりはこんなこと。

鶏舎の中で、ニワトリさんたちは放し飼いなので、いろんなところで卵を産み落としたりするのですが、ふつう、それらの卵は回収されて小田々家の食卓にのぼります。それが、今回見つけにくい場所にあって、回収を免れ、しかもその場所が暖かかったため、親鳥があたためたわけでもないのに、ひよこが孵ってしまったという訳で。。

190402hiyoko01.jpg
このように、気づかぬぬちにピヨさんたちがお生まれになっていました。。粟粒の他トマトを頂いております。贅沢ですね。

ニワトリさんたちの家は、暖房を入れている訳ではないので、卵が孵るほどの温度があるとは考えにくく、謎は深まるばかり。さらにジュンコさんを問い詰めると、鶏舎の地面はいつもほんのりと暖かいのだ、ということがわかりました。それは何でか?

鶏舎の床にあるものといえば、まずむき出しの地面。つまり「土」その上に落ち葉とニワトリたちの食べた穀物の殻やふん。実はこの「ふん」がポイント。土や敷き藁とニワトリのふんが混ざると、発酵してそこから熱が発生します。有機農業では「ぼかし」と呼ばれる肥料を使うことが多いのですが、この「ぼかし」は鶏糞の他、米ヌカや油粕などと山土を混ぜ、何度も切りかえして発酵させたものです。

ニワトリさんたちは、それと似た成分がある鶏舎の地面を絶えず掘りかえしたり突っついたりして、なんと、ごはん食べて糞を出しているだけで、肥料まで作ってくれちゃうというありがたさ。さらに、その熱で卵まで孵っちゃったというので、びっくり。

寒い冬場、ニワトリ達は体を寄せ合って寒さをしのぎますが、実は自前の暖房があったというのですから、何という無駄のなさ!感動です。

さらに、この天然の床暖は時々鶏舎から取り出され、ジュンコさんの家庭菜園に撒かれているとか。そこで育った野菜を家族が食べて、畑で抜き取られた雑草や、調理で出た野菜の皮や種はまたニワトリさんたちのご飯にもなるという訳。あー循環ってすばらしい。私もニワトリ飼いたくなってきちゃいました。

ジュンコさんが自宅で飼っているニワトリは10匹足らずで、あくまで自給用。会社で使うぼかし肥は購入していますが、肥料を資材の一種としてではなく、循環する資源であると実感できるので、動物が身近にいるのはとてもいいことだと思うのです。ニワトリさんたちに勉強させてもらった感じ。

190402hiyoko02.jpg
なんとかあいらしいフワフワピヨコ!ON ジュンコさんの手のひら。

背景がおかしい?ここは事務所です。親鳥は自分で暖めて孵化させたんでなければ、ヒヨコが生まれてもお世話しないんだそうです。。なんだか切ないようですが、彼らはまだ持ち運べるほどコンパクトなので、昨年同様ジュンコさんが事務所に同伴出勤です。打ち合わせ中でもピヨピヨ言っていて、ちょっとうるさいんですが、和みますね。。


posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 09:55| Comment(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月11日

とても大切な土のこと

最近は水耕栽培というのもありますが、大地と自然の恵みで栽培されるお野菜はすべて土からとれています。
遠く離れた食卓からは見えにくい畑の様子。野菜を見るだけでわかる、なんてことはプロでも難しいですが、思った以上に味に出るのが「土の出来」なんです。

190214earth.jpg
たとえば、ホームセンターで売っている園芸用の土には、幅広い作物が、ある程度育つほどの肥料分や保水のための腐葉土や堆肥、ミネラルなどがあらかじめ含まれています。だから、そのまま作物を植えても、(もちろんお世話の仕方によりますが)そこそこの作物が育ちます。

しかし畑の土には肥料を入れなくては、なかなか作物は大きくなりません。元々の土壌の条件や植える作物の種類によって、どんな肥料をどのぐらい入れるのか、その都度計算して、作物を植え付ける前、畑を耕す時に混ぜ込みます。さらに栽培期間中に追肥として施すこともあります。有機栽培では、この肥料の使用にも様々な取り決めがあり、肥料の材料、産地、成分など、細かく確認して証明を取っています。

190304konb.jpg
これは昆布出汁を取った後の出汁ガラから作った肥料です。昆布のにおい。

190304mine.jpg
これは貝殻を粉砕した粉。カルシウムと微量ミネラルを補うのに使います。

肥料は作物をただ大きく育てるだけでなく、食味にも大きく影響しています。大地と自然の恵みでよく使う肥料の中に、昆布やカツオなど、出し汁を取った後の滓や、魚のアラや貝殻など、海由来のものが色々とあります。これは釣り好きの代表のこだわりですが、海のミネラルは山間の土地では不足しがちなこともあって、ここを補ってやると土の成分もバランスが整ってきます。バランスがいい土では、作物の勢いが良く、病害虫にも強くなります。海藻や魚由来の肥料は、有機で一般的な牛ふんや鶏糞由来の肥料よりも割高なのですが、作物の健康状態を考えると、結果的には良い買い物になっていると思います。

ミニトマトを加熱している時に、かすかに昆布のにおいがする。。と思ったことがあります。遠い海からの旨みがトマトに受け継がれていると思えば、ちょっと不思議ですが。
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 11:50| Comment(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月04日

立春です。あけましておめでとうございます?

今日は立春、旧暦のお正月にあたる日です。改めて、あけましておめでとうございます。と、言ってもいい日

新暦は太陽暦といって、太陽の運行を元にした暦ですが、旧暦は太陰暦といって、こちらは月の運行を基準にした暦、潮の満ち引きが月に影響されているのは皆さんご存知だと思いますが、大気や土の中の水も無関係ではありません。季節の移り変わりも旧暦を見た方がしっくりくることも多く、カレンダーに新暦が採用されるようになってからも、農家では古い暦を使うことが多くありました。

新暦の1月に、「初春」と、言って春の字を当てても、なんとなく腑に落ちないのですが、今日が春の始まりだ、と、言われると納得。ここ香北町では1月下旬には梅の花が咲きはじめ、今が花の盛りです。

190204ume03.jpg
こちら、菜の花の畑の近くで咲いている梅の花。近づくととてもいい香りがします。

先週もお知らせした菜の花の畑でもすっかり花盛りで、こちらは収穫も終了しました。

190204nabana02.jpg
昨日からまとまった雨が降ってしっとりとした菜の花畑。

190204.jpg
レシピあります。秘密ですけど、菜の花のかわりにブロッコリーや小松菜で作ってもおいしいです(笑)

こちらは先週頂いた、菜の花とニンニクのパスタ。もう出荷が終わっているのに。。という意見はもっともですが、来年のためにレシピページに掲載します。たいへんにおいしーです。



posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 10:36| Comment(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

あけましておめでとうございます。

2019年明けました。
新年最初のブログは、ひとまず定点観測から。
190107nirouno.jpg
平成31年1月7日月曜日、朝9時の韮生野の様子です。
ひんやりした空気が伝わりますでしょうか。あの峰に雪が乗っかる日も間近。。

190107hotokenoza.jpg
畑の片隅の草花も氷の縁取りで飾られます。さ・む・い。

190107shimo.jpg
とってもキレイなのですけれど。

こんな日は、ハウスの中で作業したいところ。夏の灼熱の記憶も遠く、この季節のハウス内はポカポカ天国です。
190107tomato03.jpg
こちらはミニトマトのハウス内。外との気温差と湿度でレンズも曇りがちですが。

190107tomato02.jpg
この筒状のビニールは簡素な装置ですが、ハウス全体に暖気を行き渡らせる優れもの。
ご覧のように、ところどころに穴が開いていて、暖房機から離れた場所までくまなくあたためます。
場所による気温差を減らし、燃料代も節約する工夫です。

ハウスに来ると、家の空調、特に外気の遮り方や、暖房効率の上げ方など、参考になることが色々あります。
まずはカーテンを二重にするか、窓に何か貼ろうと思う今日この頃。(木造のアンティーク住宅のため隙間風がひどいです)
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 09:51| Comment(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月01日

台風一過の韮生野

台風24号(チャーミー。。)が暴れながら通過し、台風一過の韮生野です。
20181001nirou.jpg
本日の定点撮影。台風が蹴散らして行ったのか、雲一つない秋晴れ。

去年十月の台風被害の記憶も生々しく、通過するまでは不安でしたが、今回はあの時ほどの大きな被害はなかったということで胸をなでおろしました。畑の状況を確認すべく、スタッフは早朝から忙しく動き回っています。

徐々に涼しく、過ごしやすくなるとともに、野菜の成長も早くなる今日この頃。ハウスの中では、定植を待つ菜花やネギの苗が育っています。
181001nabana01.jpg
菜花の苗です。そろそろ定植。

先日定植したパセリも今月末には出荷できそうです。
181001paseri01.jpg

181001cosmo02.jpg
社屋の近くで見かけたコスモスとススキです。先日まであちこちで咲いていた彼岸花はもう花が終わっていました。

posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 10:29| Comment(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

お野菜好きがおススメする レシピサイトいろいろ

猛暑。皆さまご無事でしょうか。
農作業もお買い物も、洗濯物を干しに日向に出る一瞬でさえも、ギラギラのお日様に照らされて、体から水分と体力がみるみる奪われていくのを感じます。こうなると、ただ暑いだけではなくて、一種の災害になっていると言ってもいいかもしれません。

食欲も落ちてくるのに、火を使って台所で調理をするのも一苦労。
夏休みになって、毎日のごはん作りに悩まされているお母さんも多いのではないでしょうか?

インターネットは情報の宝庫ですが、あまりにも情報が多すぎて、晩御飯に使えるレシピを探しているつもりが、あっという間に時間が過ぎてしまう、というのもよくあることです。
tarutaru00.jpg

有名なレシピサイトは、いろんな人が投稿したレシピが膨大にありますが、まさにピンからキリまで。その中からベストのレシピを選び出すのは至難の業です。無償で提供されるレシピですので、間違っている可能性もあります。
そんな時に頼りになるのは、プロが監修しているレシピサイトです。

すごく変わったレシピはないかもしれませんが、日々のごはんにはこのタイプのサイトをいくつか見れば充分。
管理人が好きなレシピサイトをご紹介しておきます。
お野菜の名前でレシピ検索もできるので、冷蔵庫にあるものでなんとかしたい場合などにとても便利です。

おなじみのきょうの料理。レシピのカテゴリー分けなど、充実の検索機能もうれしい。土井善晴さん、落合務さん、平野レミさんなど人気講師のレシピが沢山載っているのはさすが。季節ごとの保存食づくりなど、定番メニューをしっかりと押さえているのも好印象です。

こちらも人気番組のレシピサイト、料理研究家だけでなく、今話題の人気店のシェフなど、講師陣の多彩さが魅力。野菜レシピでは、イチカワヨウスケさんやウー・ウェンさん、米沢亜衣さん(現在は細川亜衣さんですが、レシピ掲載時は旧姓)のレシピがおススメ。

料理研究家冨田ただすけさんの運営するレシピサイト 素材を生かした、和食レシピが厳選されています。サイト名の通りごはんにぴったりのレシピが満載。


細かい手順まで画像や動画で見ることができるのは便利ですね。
好みのレシピを沢山紹介している講師の方に出会うと、その方の執筆しているレシピ本を購入したりもしています。

料理上達の第一歩は良いレシピとの出会いから。
手順がしっかりと書かれていることも重要ですが、盛りつけや、食材の知識など、レシピから得られる情報は多彩です。
何より美味しいものが自宅でつくれると、料理が楽しくなります。

食欲増進は何より夏バテの防止になります。こんな時ほど、色々工夫して料理してみるのもいいかもしれません。


posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 10:28| Comment(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

嵐のあと

先週の大雨、テレビでも新聞でも、高知県香美市という地名が頻繁に報じられたため、お客様や取引先の皆さまにはご心配をおかけしたと思います。

今回の豪雨では、一部畑とハウスに浸水がありましたが、昨年の台風と比べれば損害も少なく、スタッフも落ち着いて復旧にあたっています。

台風ほどではないものの、強い風雨にさらされた露地の野菜の中には、傷んで出荷できないものも出ました。
元々雨が多い高知県ですから、被害を最小限に防ぐために日頃から工夫してはいるのですが、ここまで強い雨が連日降り続くと、さすがに色々と心配事が増えています。

今朝は、久しぶりにさっぱりと晴れ渡り、雨に打たれてうなだれていた作物もみるみる元気を取り戻しています。
180709nirouno.jpg
畑の回復はめざましいものがありますが、四国の道路は依然あちこちで寸断され、現在もまだ混乱状態が続いています。
この影響で、荷物の遅れや不着の報告も届いていますが、生産、物流ともに全力で復旧に取り組んでいます。
ご理解ご協力の程、今後ともよろしくお願いします。
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 11:07| Comment(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

ツバメが巣を作りました!

事務所前のスペースにツバメが巣を作りました。
例年作業場の軒下に巣作りしにくるのですが、今年は去年とは違って、少し奥まった事務所前に新居を構えられた模様です。

tubame01.jpg
暗くてみえにくいですが、ツバメ夫婦が交代で卵を抱いている様子です。

可愛らしいヒナの姿が観察できるのも嬉しいのですが、彼らの餌は昆虫。しかも大変な大食漢ということで、田んぼの季節に現れるこの捕食者は虫たちにとっては脅威!農家にとっては空から現れる救いの神といったところです。古くから人間に大切にされてきたのには、こんな事情も影響していそうです。

tubame02.jpg
撮影に驚いて巣を離れたツバメ夫婦。すぐ近くで様子を伺います。(申し訳ない)

有機農業をやっていく上で、作物以外の生き物たちとの関係を意識するのは大切なことです。
先日、社長が事務所で見つけたムカデを捕まえて外へ逃がしていました。噛まれるととても痛いので、見つけ次第殺されてしまうことが多い彼らですが、「虫を食べてくれるよ」と言いながらクリアファイルで慎重にすくいとって外へ。毒を持つ虫でさえも、味方だと思えば何だか頼もしく思えてきて嬉しい光景でした。

ツバメ夫婦の卵がかえる日を心待ちに、事務所を訪ねてくださるお客様は頭上注意!
ヒナの巣立ちまで、時々ブログでも彼らの様子をお伝えします。
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 08:57| Comment(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

三寒四温

20180316.jpg

つい数週間前まで寒い寒いと言っていたのですが、昨日、高知市内で桜の開花が観測されたそうです。
大地と自然の恵みがある香美市香北町では桜はまだなんですが、つくしやタンポポの花が見られるようになりました。

三寒四温と言われるように、まだ寒さが戻ることもある三月。
今朝から降っていた雨が止んで、これから週末はまた少し冷えるようです。

一足はやい春を知らせてくれていた菜の花はすっかり花が開いて、野菜としての出荷が終了してました。
例年は1月に終わるのですが、今年は寒さのせいで収穫がはじまるのが遅れ、2月末まで収穫しました。

20180316nanohana.jpg
ミツバチは大喜びかな


暖かくなるにつれ農作業はいよいよ忙しくなります。
次の作付けの準備は、ショウガやオクラなど。

季節ごとの畑の様子も随時お知らせしてまいります。
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 17:09| Comment(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする