2018年03月12日

ポップコーンと油のはなし。

有機ポップコーン好評販売中です。
http://yuukinougyou.shop-pro.jp/?pid=128590023
popconelL.jpg
ポップコーンを販売するにあたり、研究と称して、日々ポップコーンをぽこぽこ作り、ひたすら食べてきました。。(いくら体にいい素材でも食べ過ぎは…)

基本の塩味からはじまって、カレー粉や昆布茶、キャラメル味まで、気分次第で色んなアレンジが楽しめるのは手作りならでは。

せっかくの国産オーガニックのポップコーンですから、調味料や油にもこだわりたい。
特に油は、風味だけでなく、健康への影響や安全性も気になるところですが、油の種類や抽出方法による、健康への影響について語りだすと、、本一冊分では済まないぐらいの情報量になってしまいます。
ですからここでは簡単に、ポップコーンに適した安全でおいしい油脂の条件をご紹介することにします。

oil.jpg

1.低温圧搾 一番搾りの油脂
2.加熱しても酸化しにくい油


1.低温圧搾 一番搾りの油

昔ながらの油の搾り方です。菜種、オリーブなどの油脂が多く含まれる原料に圧力をかけ、ゆっくりと時間をかけて抽出する方法で、素材の風味が生きています。高温で抽出したり、薬品を使用した抽出方法と比べると、効率も悪く、手間もかかりますので、比較的高価ですが、味と健康への影響を考えれば、選ぶ価値のある油です。

2.加熱しても酸化しにくい油
ポップコーンの調理過程で熱を加えるので、熱によって変質しにくいタイプの油脂が向いています。オリーブオイルやココナッツオイルは加熱に強いのですが、いずれも独特の風味があるので、塩味のポップコーンにはオリーブオイル、甘いポップコーンにはココナッツオイルがおすすめです。

油の個性と香味を楽しむ
油にも個性がありますので、味付けの種類によって油の種類を変えてみてください。
油に素材の風味を移してからポップコーンを調理すると、味付けの巾も広がりますよ。

たとえば、オリーブオイルにニンニクやハーブを入れて低温で加熱し、油に香りがついたところで、ハーブを取り出して、風味を移した油を使うと、大人っぽいスナックに。(焦がすと苦くなるので注意!)
他にも、ゴマ油にとうがらしやネギの組み合わせなど、色々な組み合わせを試してみてくださいね。
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 11:47| Comment(0) | 有機ポップコーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする