2020年09月07日

”最大級の”台風一過

伊勢湾台風級の台風が迫っています。最大級の警戒を!というニュースが繰り返し流されました。先週末。四国には直接上陸しませんでしたが、台風が西側を通る時は、風が強いことが多いので、先週はその対策で手間取りました。

200907tomato01.jpg
ミニトマトのハウス 天井のビニールを外しています。

台風対策は「賭け」のようなものです。ビニールハウスのビニールを外して、通過後また張るとなると膨大な手間がかかりますが、もし予想外に風が強ければ、ビニールに穴が開き、そこから風が舞い込んで、支柱が折れたりビニールが飛んで周辺の畑に被害を与えたり、取返しのつかない事態になることもあるので、台風が近づくとハウスで作物を作っている農家はみんな悩んでいます。

今回は一部を除き、ほとんどのハウスでビニールを外すことにしました。ミニトマトのハウスは、本来ならもうしばらく収穫を続ける予定でしたが、早めに終えることにして、ビニールを取り去りました。

オクラや生姜では、株間に支柱を立てて、紐を張って風による倒伏を防いでいます。

200907okura04.jpg
今朝のオクラ畑、台風は九州の北西に抜けたようですが、まだ強い吹き返しの風が吹いています。

”最大級”の連呼に警戒しましたが、一昨年10月の被害(近所の神社の杉が倒れて、本殿に突っ込んだり、当社もハウスがいくつか破れました)に比べれば、大きな被害もなく、ほっと一息です。
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 11:14| Comment(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オクラの副菜レシピいろいろ

この一ヵ月というもの、オクラばかり食べています。他の野菜は暑さでカラカラですが、オクラは暑いほど好調で、次々に大きくなるので、少し小さいなと思って取り残した実が翌日には太り過ぎ。。ということもよくあるのです。太りすぎるとスジができて噛みきれないようになってしまうのですが、特にこの夏は全体的に雨が少な目だったので、これくらいならまだ大丈夫かな?と思ったやつが案外固いということもあったりして困りものです。太ったオクラを株に実らせたままにしておくと、新しい花が咲かなくなるので、たとえ注文が少なくても(T_T)見逃さないように収穫するのが大切です。

200907okura02.jpg
大きいことはいいことかと思いきや、オクラの場合はこうなると固くて食べられません。。

オクラといえば、茹でて刻んだのにかつお節とお醤油をかけて食べるというのが、一番ポピュラーな食べ方ですが、最近だと、醤油の代わりにポン酢とかマヨネーズで、という人も多いみたいです。お浸しよりもサラダ感覚で食べられる方が若い人にウケるのかも。

200907okura01.jpg
コレは家で一番良く作るオクラ料理「オクラの梅かつお和え」さっぱりしていて暑くて食欲がない時におススメです。

毎日のご飯では、主菜の他に名もない地味なおかずが一品二品あるとうれしいです。お弁当でもちょっとした野菜のおかずが添えられていると、栄養バランスが整う上に、彩りも良くなって一石二鳥。特に今の時期、緑の野菜が少ないので、オクラの緑には助けられています。今回はそんな風に、メインにちょっと添えるというタイプのごく簡単な副菜のレシピをいくつか紹介しておきますね。

オクラの副菜5選

オクラの梅かつお和え
1・梅ぼしを刻んだものにきび砂糖小さじ1/2、醤油小さじ1/2 かつお節と白いりごまを混ぜて和え衣を作ります。
2・お湯を沸かして、塩を少々入れ、オクラを色よくゆで上げます(1分ぐらい)
3・ザルにあげて輪切りにし、和え衣と混ぜてできあがりです。あれば、刻んだ青じそを天盛りに
一言メモ:市販の梅肉やうめびしおを使ってかつお節とゆでオクラを和えるだけならもっと簡単。

オクラの胡麻和え
1・すりごま大さじ1、きび砂糖 小さじ1/2 醤油小さじ1 米酢 小さじ1/2をまぜて和え衣を作ります。
2・お湯を沸かして、塩を少々入れ、オクラを色よくゆで上げます(1分ぐらい)
3・ザルにあげて輪切りにし、和え衣と混ぜてできあがりです。
一言メモ: マヨネーズに摺りごま混ぜたので和えてもおいしい。

オクラのモズク酢
1・塩モズクなら水にさらして、塩気を抜いて調味(米酢:きび砂糖:醤油 2:1:1くらい)します。
   ※ 味付けモズクの場合はそのまま
2・お湯を沸かして、塩を少々入れ、オクラを色よくゆで上げます(1分弱)
3・ザルにあげて輪切りにして、調味したモズクと混ぜ、再度味を調えてできあがりです。お好みで青柚子の皮や、おろし生姜を添えて。
一言メモ:子どもさんには調味酢をやや甘めに調味した方が食べやすいかも。

オクラのタラコあえ
1・タラコは外側の皮を外してバラバラにしておきます。
2・お湯を沸かして、塩を少々入れ、オクラを色よくゆで上げます(1分弱)
3・ザルにあげて輪切りにして、タラコと混ぜます。お好みでレモンやスダチの果汁を少量かけます。
一言メモ:これにもマヨネーズを足すともちろん美味しいです。

納豆オクラとろろ
1・納豆に生卵、醤油を入れてフワフワになるまでよく混ぜる
2・お湯を沸かして、塩を少々入れ、オクラを色よくゆで上げます(1分弱)
3・ザルにあげて輪切りにして、1と混ぜ、刻んだ青葱と白胡麻を散らして完成です。
一言メモ:さらに刻んだキムチなどを入れてもおいしい。

なにかあと一品欲しい!という時に是非お役立てくださいね。

posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 09:27| Comment(0) | 有機おくら/okura | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月31日

今日は8(ヤ)3(サ)1(イ)の日!

8月31日と聞くと、やたら焦るのは、夏休みの宿題をやらない常習犯だったからです。よくてお盆を過ぎてから、悪い時だと新学期がはじまってから、提出日までにやるか、新学期の放課後に居残りでこなすコース(先生すみません)そのうしろめたさの蓄積で、大人になって夏休みの宿題がなくなってからも8月31日と聞くとソワソワするという持病を持つこととなります。。ちびっこのみなさま、宿題はくれぐれもお早めに(そんなこと今時分に言ってもな〜)

それは置いといて、8月31日は「8ヤ3サ1イ」の日です。そうです!夏休み最後の日。宿題もそこそこに野菜を食べる日なのです!(?)夏バテ気味の胃袋にガツンとニラの炒め物。はたまた定番オクラぶっかけ素麺や、ミニトマトとニンニク、唐辛子を入れたパスタなど。おススメのレシピもたくさんあります。

ysaiitame.jpg
安定の「ニラトン」野菜たっぷりなのに、ガッツリボリューム満点なので肉食派にも喜ばれます。
レシピはこちら→ 有機ニラたっぷり 野菜炒め

okura04_orig.jpg
オクラのレシピは他にもいっぱいあるのですが、夏バテメニューといえばこれ。梅干し、納豆、オクラの最強トリオです。
レシピはこちら→ ネバネバ☆パワーそうめん

180205tomato04.jpg
ペペロンチーノにミニトマトの甘みと旨みをプラス!簡単美味しい時短メニューです。

大地と自然の恵みのホームページには、お野菜を使ったレシピを少しずつ紹介してきましたが、レシピページを開設してからそろそろ3年あまり、まあまあ充実してきました!レシピページを見かえしていると、まだ出社したばかりだというのに、もうおなかがすいてきました。帰りたいです。


posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 09:23| 有機野菜レシピ/recipe | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月24日

処暑の侯 遮光ネットを張りました。

先日、8月23日は二十四節気の「処暑」でした。
日の落ちる時間も少しずつ早くなり、お盆も過ぎて、これからいよいよ秋に向かいますよという時期。とはいえ、日中の日差しはいまだ容赦なく、秋冬に向けて準備している、まだまだひ弱な野菜の苗などはすぐに干からびてしまいそうで、とっても心配です。

200817paseri01.jpg
こちらは先日定植したばかりのパセリ。まだまだ頼りないです。

最近定植した苗はパセリの他にニラ、青葱など。残暑が厳しいとはいえ、日陰にしてしまってはいけませんし、風通しが悪くなるのはもってのほか。そこで、熱を遮り、光と風は通すという秘密兵器を使います。実は上のパセリのハウスには既に使われているのですが、どれだかわかりますか?


200817nira01.jpg
これが遮光ネット。日差しをなんと40パーセントカット。網状になっているので、雨風は通します。

200817nira04.jpg
大きな遮光ネットをハウスの峰を中心に広げまして

200817nira03.jpg
ハウス側面に固定していきます。なかなか人手のかかる作業。

パセリのハウスではハウスの中に張り渡しましたが、こちらのハウスでは天井に直接張っていきます。高所作業になるので慎重に。。私などは、見てるだけでクラクラしてきますが、みんな身軽だなぁ。

遮光をしたから一安心ということもなく、水やりの量やタイミングも難しいこの時期。秋が来るまであともうひと踏ん張りです。


posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 08:53| Comment(0) | 有機栽培の技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月10日

お野菜担当マネージャー

大地と自然の恵みでは生姜やミニトマトの他に、季節ごと色々な作物を育てていますが、有機農家の中では、種類が限定されている方かもしれません。やみくもに品目を増やすと資材や包材の在庫が増えて効率が悪いのですが、かといって特定の野菜に絞ることは、それがダメになればおしまいということになり、有機でやるにはリスクが高すぎます。作物選定の方針についてはホームページの方でも紹介していますが、この土地の気候風土に合っていて、作物に無理をさせないこと、日々自分達が食べて微妙な味の変化にも心を配ることができるような作物を厳選して育ててるということが基本です。

スタッフは入社してからしばらく、新人の頃は色々な作物の作業をまんべんなく担当して、たくさんある作業をひとつひとつ覚えていきますが、ある程度経験がついてから後は、どれかの作物を主に受け持つことになります。昨年入社の北野君はまだ若いですが、入社前にも県内のトマト農家で研修していたことがあり、最近ミニトマトの担当になりました。(ちなみにミニトマトの担当はもうひとりいます)ホームページのスタッフ紹介でもトマト好きであることを公言していた彼は、将来的にもトマト農家をやりたいという希望があったところからの抜擢です。

200810tomato03.jpg

ミニトマトは作業の種類や頻度も多く、マメに構ってやらないとすぐに機嫌を損ねる作物のようです。夏のイメージがあるトマトですが、実は雨や湿度が苦手。湿度の高い高知の夏で、ほおっておくとすぐに病気になってしまいます。自然に育って収穫できるサイクルだと問題にならないことも、年中出荷するとなれば、それなりのケアが必要なのはわかります。実際、ハウスのトマトが一番好調なのは5月から6月頃。日照時間も気温もほどほどで次々に実が色づきます。

現在ミニトマトを収穫しているハウスは社屋の近くで、一棟は収穫終了間近、もう一棟の方は収穫がはじまったばかりです。植え付けを少しずつずらすことによって、途切れずに収穫、また出荷できるようにしています。

北野君に現在のミニトマトの様子を聞くと、実はあまり良くない。とのこと。素人の私が見ると、特に問題なく元気そうに見える株ばかりなのですが、現場はなかなかシビア。何が問題か聞いてみると、一部で「トマト黄化葉巻病」という病気が発生していると教えてくれました。

200810tomato01.jpg
これがその「黄化葉巻病」にり患している株です。

枯れていたり萎れていたりするのではなく、色や形が少し変化しているだけなので、知らないと見逃します。
これは「タバココナジラミ」という小さな虫が媒介するウィルスが原因の病気で、このウィルスにり患した株では先端から、葉っぱの縁が黄色くなり、端から形がくるんと巻いて縮れたようになって、成長が止まり、実もほとんどつかなくなります。

慣行では、このような株を見つけたら直ちに株ごと引き抜いて、媒介するタバココナジラミを駆逐する薬剤を散布するようですが、有機栽培ではそうもいきませんので、かわりに天敵の「サバクツヤコバチ」を放しています。

200810tomato04.jpg
これが天敵「サバクツヤコバチ」の蛹がついている5cmくらいの小さなタグ


天敵は小さな台紙に蛹の状態でついているので、設置後しばらくおくと羽化して、ハウス内にいる「タバココナジラミ」を捕食します。

さらに見ると、り患している株も引き抜かれる様子もありませんので、そのあたりを代表に確認してみると、現時点では病気が大きく広がる様子はないので、天敵で緩和する程度で様子を見ているのだとか。これもまた「ウィルス」の仕業だとすると、今だから色々と考えさせられることがあります。いずれも、経験の積み重ねと判断のタイミングでしょうか。ウィルスとの知恵比べは続きます。

posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 11:54| Comment(0) | 有機ミニトマト/tomato | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニラ植えの工夫

先日、ニラの苗を植えました。ニラは種から育てていますが、はじめはとても小さいので、苗専用のハウスで管理し、ある程度の大きさになってから別のハウスに移して定植しています。

200810nira05.jpg
ニラの苗です。

畑はあらかじめ肥料を入れて耕してから、畝立てをし、マルチフィルムを貼ります。マルチフィルムの色は白。フィルムの裏面は黒で、夏場は白い方を表にしていますが、気温が低い時期には、黒の方を使います。

マルチフィルムにあらかじめ開けておいた穴にニラの苗を植えるのですが、穴に突っ込むだけでは定着しにくいので、ここで土に押し込むために道具を使います。この道具、実は代表の手作り。この地域では、イモの蔓を植えるために木の枝がY字になった部分を使っていましたが、これをヒントにして、竹で作っています。

2008110.jpg
コレです。シンプルな竹製のヘラですが先の部分が足袋のように二股に割れています。

オリジナルツールということで、代表には念のため、これを公開しても大丈夫でしょうか?とお伺いを立ててみましたところ、別にいいんじゃないの。ですって。太っ腹です。私も真似して一本作ってみたいです。売っている農業機械や農機具は便利ですが、それよりもこうした手作りの道具や工夫を見るとうれしくなります。何本もあったので、作るのも大変だったと思います。大切に使いたいですね。

200810nira03.jpg

穴の横に苗の束を配り、順に植え付けていきます。単純な作業ですが、あくまで丁寧に。道具を使ってしっかりと土に差し込むと苗の活着が違ってきます。

200810nia04.jpg

苗は深く植えすぎても、浅く植えすぎてもよくありません。根っこの下が空洞になったりしないように、慎重に植えていますよ。

200810nira07.jpg
植えましたよ。

ここから収穫までは80日ぐらいです。どうか無事に育ってね。
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 09:57| Comment(0) | 有機にら/allium tuberosum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月03日

梅雨明けました。次の季節の仕事

四国地方もようやく梅雨があけました。雨だとまったく捗らないのが路地の畑の土作りです。次のシーズンの植え付け前に、肥料をまき、土を起こし、畝を立てるところまでですが、雨が降っている時に作業したりすれば、スタッフがドロドロになるだけじゃなくて、土がカチカチになってしまいますので、スケジュールが迫っていてもジリジリと晴れの日を待つのみ。

200803negi02.jpg
少し雲がありますが、気温は急上昇中!水分補給を忘れずに。すばやくてばやく作業を進めたいところ。

長かった梅雨が先週末に明け、さらに数日してから土が乾いてきたところで、ようやく「元肥」をまく日和となりました。
「元肥」とは作物を植える前にあらかじめまいておく肥料で、家庭菜園をやっている素人から見れば、そんなに?と思うほどの量を振りまいています。ここから成長にしたがってさらに「追肥」をまいたりしていますので、やはりそれなりの収穫を得ようと思えばそれ相応に与えねばならぬということでしょうか。(なにもやらなくても雑草はボーボーになるのにな…)

この日のメニューは油粕やぼかし肥料など5種類。代表によると、肥料の調合によっては野菜の健康状態はもちろん味も変わるので、料理の味つけをするみたいなイメージだよ。とのことです。ふーむ。奥が深い。

たかが肥料まきとあなどるなかれ。ひとつひとつの作業を丁寧にすることが、有機の鉄則です。秘密道具「背負い肥料散布器」を使います。これがシンプルな構造なんですが、とても便利。ノズルの角度によって、肥料が落ちる量も微妙に調節できますよ。

200803negi01.jpg
これが「背負い肥料散布器」!考えた人は偉い!

200803negi05.jpg
こんな風に左右に振りながらまきます。畝の長さと背中の肥料の量を考えて。慣れないうちは、ひと畝一袋の予定がアレレなんてことも?

抱えると重い肥料袋も背中に背負うと楽。荷物を持つときは体の高い位置で持つほど軽く感じるってご存知?体幹に乗っかるからということのようですが、乾燥した土地に住む人が、水瓶を頭の上に乗せて運んでいるのもこれと同じことですね。

ちなみに、むかしの人は、カゴに肥料を入れて手でまいていましたよ。

200803negi08.jpg
担当個人所蔵品です。

私は収穫用のカゴとして買ったのですが、本当は肥料カゴなんですって。肥料が抜け落ちないように、竹と樹木の皮を使って編んでいるのがポイント。変わった形と素材に飛びつきましたが、かつては肥料が入っていたんだな。。(洗って干したから大丈夫…)自然素材の古い道具が大好きなので、便利で風流な道具を自分で作れたりしたらいいなと思っております。
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 17:38| Comment(0) | 有機青ねぎ/long green onion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月27日

雨の日ファッションチェック!

7月も終わりというのに雨の日が続いています。晴耕雨読にはあこがれますが、現実は土砂降りの中でももちろん仕事。朝目が覚めて、雨音がすると憂鬱ですが、合羽を着て出かけます。

7月とはいえ、体が濡れると不快で、作業効率も落ちますので、雨装備にはスタッフそれぞれにこだわりがあるみたいですね。ここで突然ですが、雨の日ファッションチェック!

200727ame06.jpg

こちらは生姜を掘っている現場です。一応ハウスの中ですが、高温対策で天井のビニールをところどころ外していて、野外同然。。容赦ない雨で掘り上げる端からドロドロでの奮闘中です。

スタッフ二人にそれぞれ雨の装備へのこだわりをインタビュー。まず手前の青い合羽を着たスタッフ林氏のこだわりは、某登山用品メーカーのレインウエア。軽くて涼しいのがポイントだそうです。足元の足袋のようになった歩きやすい雨靴はネットで購入。収穫が終わってからハウスの屋根に上ってビニールを張り直す作業がありますので、長靴だと危険なのだとか。

200727ame04.jpg
作業中失礼します。ちょっと合羽を見せてくださいね。オヤ。顔にも泥がついているよ。。

200727ame03.jpg
足袋靴もドロドロですが、指先が二つに分かれてるの見えますかね?色やデザインは不明。

続いて2代目マサ氏。とにかく濡れたらすぐに着替えられるように雨合羽は複数用意おくのがこだわりポイント。濡れたまんまで作業するのはいやだからねー。とのこと。雨用の靴は長靴でも地下足袋でもなく、渓流釣りなどで水の中を歩く人のためのシューズを使い始めたばかりとのことで、濡れてもすぐに乾くし、軽くて濡れた場所でもすべらないのでこれまた高所作業にもいいんだとか。

200727ame02.jpg
作業着は地元高知の「ワークウェイ」という作業服専門店で買うことが多いです。

200727ame01.jpg
これが渓流用のシューズ。作業が終わってから洗って干しとくと、翌朝にはすっかり乾いているんだとか。水切れ抜群。

強い日差しや激しい雨にさらされる野外作業はちょっとした工夫で作業効率が全然変わってくるので、作業着や道具にはみんなそれぞれこだわりがあります。機能的なことだけじゃなくて、デザインがカッコよかったりすると雨の日でも多少はテンション上がるかもしれません。また後日、使って良かった買って良かったスタッフのおススメツールの情報まとめなんかも取材してみたいですね。
posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 12:01| Comment(0) | 有機しょうが/ginger | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月13日

梅雨と旧暦

本日2020年、令和2年7月13日です。
今年、四国地方では5月31日に梅雨入りが発表されました。梅雨前半は空梅雨気味でしたが、かれこれ1カ月半近く梅雨ということになります。

ひとくくりに7月といっても、気温や降雨はその年によって傾向も変わります。現在広く使用されているカレンダーは西暦(=太陽暦)といって、西欧を中心に使用されてきた暦ですが、戦前までは日本独自の暦(=太陰暦)が使われていました。

西暦のカレンダーでは、太陽の運行を基準に組まれているのに対し、旧暦では新月(朔)から次の新月までの期間を一月と定めています。その旧暦で今日を探すと、なんと5月23日。先週の七夕だって、旧暦の7月7日を探すと、今年は西暦の8月25日ということになりますので、季節感覚にもかなりのズレがあることになります。

西暦(太陽暦)2020年7月13日 → 旧暦(太陰暦)5月23日

なんと、旧暦で見ると、今日はまだ皐月(5月)!。ちなみに水無月というのは旧暦の6月を指しますが、今年の旧6月は7月21日からということになり、ちょうど平年の梅雨明け時期にあたりますので、梅雨だというのに「水が無い」という理不尽な月名の謎が解けます。

200713tuski.jpg

ちなみに去年、2019年の7月13日は旧暦の6月11日でした。その差18日。つまり、旧暦を適用すると、今年の7月13日が去年の7月13日よりも気温が低いというのは当然のようにも思えます。(実際、半月遅れと考えても今年は低めなんですが。。)

以前にもここで紹介したことがあるかもしれませんが、農業従事者の中には、今でも旧暦を見ながら作業している人が結構います。戦後、システムだけを西洋のものにまるっと入れ替えて合理化したようですが、スーツや革靴が日本の気候に合わないように、暦も長年この国で使い続けてきたものに分があるような気がします。

釣りをする人は、常に潮の満ち引きを意識していますが、陸上の生き物の営みにも月は大きな影響を与えているということは間違いなく、昔のお百姓は今よりも月の動きを意識して、日々の作業の段取りを決めていたようです。

これからの農業は、大きな屋内設備で、土を使わず、あらゆる要素をコントロールできるようなやりかたが主流になってくるのかもしれませんが、自分としては、季節風土に沿い、土から生まれてきた野性味のある野菜を食べ続けたいと思うのです。

コロナ禍の中、あらゆるところで除菌や抗菌の文字が踊りますが、管理され、無菌の中におかれた食べ物が安全かといえば、それはおおいに疑問です。そしてそれはたぶん、人間においても同じこと。良いものも悪いものも混在する中で、極端に振れないために、バランスを取る知恵というのは、むしろ昔の人のやり方や、野生の動植物の生き方から学ぶ方が多いかもしれません。





posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 12:00| Comment(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月06日

生姜の収穫がはじまりました!

200707syouga02.jpg

ハウス栽培の生姜の収穫がはじまりました。ハウス栽培の生姜は、露地ものよりもかなり早い段階で植え付けますので、収穫も早い。しかし、本来の収穫時期はあと2ヶ月ぐらい先です。もっと後になってから収穫すれば大きくなるものを、ほっそりとした若い時に収穫するのは贅沢ですが、早めに収穫する生姜は水分量多めでやわらかく、辛みも控えめなので、香辛料というよりも野菜としての生姜といってもいいでしょうか。この時期の生姜にしかない魅力があります。

この時期のしょうがで作りたい紅しょうがのレシピはこちら
20180823syouga01_orig.jpg

やわらかいということは、傷みやすいということでもあり、洗浄や選別、包装の作業も特に気を使います。配送はもちろんクール便で。ご家庭でも冷蔵庫に保存し、できるだけはやめにお召し上がりくださいね。

200706syouga01.jpg



posted by 大地と自然の恵みスタッフ at 11:58| Comment(0) | 有機しょうが/ginger | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする